「韓国人を見下していたからだ」元大宮イ・チョンスが02年W杯で伊代表主将に食らわした“蹴り”は故意だった! 衝撃発言に中国から非難「恥知らずの悪党」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月20日

“あの”モレノ主審はイエローカードさえ…

02年W杯で韓国のベスト4進出に貢献したイ・チョンス。(C)Getty Images

画像を見る

 元韓国代表アタッカーの発言が、“隣国”で小さくない話題となっている。

 コメントの主は2002年の日韓ワールドカップでベスト4と躍進した韓国代表のメンバーで、レアル・ソシエダやフェイエノールト、大宮アルディージャなどでプレーしたイ・チョンスだ。

 スポーツメディア『新浪体育』など複数の中国メディアが報じたところによれば、現在39歳の“レジェンド”は、02年W杯のイタリアとの決勝トーナメント1回戦で、シュートしようとして敵のDFパオロ・マルディーニの頭を蹴ったのは「故意だった」と明かしたという。

 記事によると、韓国のバラエティ番組に出演した際、この19年前のシーンについて問われたイ・チョンスは、「イタリアの選手たちは非常に傲慢で、反抗的で、韓国人を見下しているように感じていた。その試合で蹴られた韓国の選手もいる」と告白し、こう続けた。

「蹴ったのはマルディーニで、韓国でいえばホン・ミョンボのような選手だった。どちらもキャプテンだ。だけど、マルディーニだから蹴ったのではなく、たまたまそこにいたからだ」

【動画】「故意だった」と衝撃告白!イ・チョンスがマルディーニを蹴りつけたシーンはこちら
 
 この行為に対して、イ・チョンスにイエローカードさえ出さなかったバイロン・モレノ主審は、その後もホスト国寄りの判定を連発。韓国選手によるジョンルカ・ザンブロッタへの悪質なタックルもお咎めなしとすれば(後に退場に値したと誤審を認めた)、1-1で突入した延長戦で、ペナルティエリア内で倒れたフランチェスコ・トッティに対し、シミュレーションで2枚目のイエローカードを提示。これで数的不利となったイタリアは、アン・ジョンファンにゴールを許し、敗れ去ったのだった。

 イ・チョンスの告白に対し、中国のファンは「恥知らずだ」「なんて悪党だ」「イタリアだけでなく、世界中が韓国を軽蔑する」といったコメントで反応している。

 19年前の判定についていまだに“根に持っている”イタリアの選手たちやファンは、この発言に何を思うだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ