「クボと話したのは一人だけ」久保建英の“寂しいマドリー帰還”に現地注目!「連絡を取り合っているのが…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年02月11日

U-20ワールドカップで母国を優勝に導く

4度目のマドリー戦に挑んだ久保。見せ場を作り出すことはできなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月9日に開催されたラ・リーガ第1節の延期分で、久保建英が所属するヘタフェが、王者レアル・マドリーと敵地アルフレッド・ディ・ステファノで対戦した。

 これが4度目(マジョルカで2度、ビジェレアルで1度)となる保有元マドリーとの対戦となった久保は、5試合ぶりのベンチスタート。スコアレスで迎えた54分から途中出場したものの、見せ場を作り出せなかった。チームもこの交代直後に立て続けに失点を喫して、0-2で敗れている。

 この試合前、日本代表MFが旧交を温めた選手がいたようだ。レアル・マドリーの専門メディア『Defensa Central』は、「試合前、クボと話した唯一の選手はルニンだった」という記事を掲載。マドリーの第2GKを務める、21歳のウクライナ代表守護神アンドリー・ルニンと会話を交わしたことを伝えている。

【画像】マドリーのプレシーズンキャンプで意気投合! 久保とルニンの機内ショットはこちら
 2019年6月にFC東京からマドリーへ電撃移籍を果たした久保は、その夏のマドリーのプレシーズンツアーに帯同。ジネディーヌ・ジダン監督率いるトップチームの練習に参加し、強化試合にも出場した。

 当時から、ともに写真に収まるなど年の近いルニンとの仲の良さをうかがわせていた。『Defensa Central』は「ルニンとクボは定期的に連絡を取り合っている」とも綴っている。

 19年のU-20ワールドカップで母国を優勝に導いて最優秀GKに選出された逸材は、昨シーズンの前半戦にレンタルされたバジャドリーで出番を得られず。冬にオビエド(2部)に武者修行先を変更したことが奏功して、今シーズンからマドリーのトップチーム入りを勝ち取った。

 同じようにビジェレアルで満足な出場機会を得られず、ヘタフェへと籍を移した久保。ここ4試合はなかなか結果を残せず厳しい戦いを強いられているが、この半年間でマドリーとジダンを納得させるパフォーマンスを見せ、ルニンのように真の“帰還”ができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】久保建英の出場試合で…突然キレるジダン監督はこちら
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ