「一生に一度、あるかないかですが…」久保建英が“賛否両論”の東京五輪開催に言及!「最善を尽くさないと」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月28日

「コンディションを整えておく必要があります」

クラブの公式インタビューに登場した久保。 (C)Getty Images

画像を見る

 今冬にビジャレアルからヘタフェへと籍を移した久保建英は、ここまで3試合に出場(うち2試合がスタメン)。ビジャレアルでは出番が限られていただけに、夏に控えている東京オリンピックのことを考えても移籍は正解だったと言えるだろう。

 その久保が現地時間1月27日、クラブの公式インタビューに登場。そのなかで、コロナ禍での開催に関して賛否が分かれている東京五輪について言及した。

 五輪代表では主力のひとりとして期待されている19歳は、「自国開催はまたとない機会だと思います。一生に一度、あるかないかです」と語りつつも、コロナ禍の現状を踏まえ、次のように続けている。

「安全が一番大事です。できるかどうかわからないので、待たなければいけません。皆さんは最高のレベルを期待しているので、大会が開催される場合に備えて、コンディションを整えておく必要があります」

 そして、「招集された場合は、最善を尽くさないといけません」と締めた久保。スペインで研鑽を積む“至宝”が日本のピッチに立つ姿を、果たして見られるだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】現地メディアも注目! 久保のパスカットから始まった電光石火の“18秒弾”はこちら
【関連記事】
「クボ対策」を講じるビルバオの“標的”となった久保建英。スペイン人記者が指摘する「弱点になる危険性」
「改善した意味がない」初めて“沈黙”した久保建英を、ヘタフェ指揮官はどう評価した? HTに伝えた修正点とは――
久保建英が演出した“18秒弾”を「見ていなかった」敵将。“犬猿の仲”のヘタフェ指揮官との握手拒否が理由か
「20秒でテクニックだけではないと証明」大敗のなか久保建英の“成長”に現地注目!「仲間を助けた」
「クボに居場所を追われた男」を封じる! “守備への懸念”を2試合で払拭した久保建英、ビジャレアルでの半年間は無駄ではなかった

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ