「クボ対策」を講じるビルバオの“標的”となった久保建英。スペイン人記者が指摘する「弱点になる危険性」

カテゴリ:海外日本人

ラディスラオ・ハビエル・モニーノ

2021年01月28日

タケにとっては試金石とも言える試合だったが…

ビルバオ戦では加入後初めて低調な結果に終わった久保。(C)Getty Images

画像を見る

 アスレティック・ビルバオ戦でタケ・クボ(久保建英)は2試合連続スタメン出場を果たした。ビジャレアルの指揮官、ウナイ・エメリと比べると、ホセ・ボルダラス監督のタケへの信頼度が高いのは明らかで、これからも結果を残していけば、定位置を確保することは可能だろう。

 しかしこの一戦で、タケはほとんど何もさせてもらえなかった。サン・マメスで行われるビルバオ戦は、どのチーム、選手にとっても特別な試合だ。ビルバオはスペインきっての名門クラブであり、サン・マメスは独特な雰囲気に包まれる。逆に言えば、ここで活躍できればそれだけ評価を高めることになり、タケにとっては試金石とも言える試合だった。

 試合の入りは理想的と言えるものだった。タケがロングボールを頭でそらしてカットされるも、相手のフィードミスに付け込んで巧みにインターセプト。素早くハイメ・マタに対角へのパスを通すと、その折り返しをカルレス・アレニャがダイレクトでピンポイントのクロスを送り、マルク・ククレジャがヘディングで豪快に叩き込んだ。開始20秒にも満たない電光石火の一撃だった。

【動画】現地メディアも注目! 久保のパスカットから始まった電光石火の“18秒弾”はこちら
 しかし、ここからヘタフェは相手のアグレッシブな守備と、いつも以上に冴えを見せるコンビネーションプレーに苦しんだ。もともとヘタフェはボールポゼッションを苦手にするチームだ。しかしその代わり、スペースを支配することで試合を優位に運ぶことを戦い方の基本にし、その精度はラ・リーガでも屈指のレベルを誇る。

 だが、得意のはずの局地戦で劣勢を強いられ、試合の主導権を相手に譲る結果となった。しかもこの日のビルバオは攻撃陣も好調で、その対応にも手を焼いた。そんななか、ヘタフェは攻撃の糸口を掴もうと、縦パスを多用した。タケも状況の打開を試みたが、パスを受けてもゴールに背を向けての状態がほとんどで、ロングボールを競り合おうとしても、上背のなさがネックになった。

 ヘタフェを率いるホセ・ボルダラス監督は試合後、「タケはプレーに絡む機会が少なかったと思う。相手の守備がソリッドで強固だったからだろう」と分析した。
【関連記事】
「エメリの下では不可能だった」久保建英の“変貌”にマドリー寄りメディアはご満悦! “冷遇した”ビジャレアルには痛烈な皮肉「クボより上の選手は5%のみ」
久保建英が演出した“18秒弾”を「見ていなかった」敵将。“犬猿の仲”のヘタフェ指揮官との握手拒否が理由か
「改善した意味がない」初めて“沈黙”した久保建英を、ヘタフェ指揮官はどう評価した? HTに伝えた修正点とは――
「ギリシャ行きは驚きだ」香川真司のPAOK電撃入団に海外メディアも驚嘆!「度重なるオファーに考えを改めて…」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ