「20秒でテクニックだけではないと証明」大敗のなか久保建英の“成長”に現地注目!「仲間を助けた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月26日

「先制ゴールの前にクボのボール奪取が」

2試合で先発出場を飾った久保。68分で途中交代となった。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月25日に開催されたラ・リーガ第20節のアスレティック・ビルバオ戦で、ヘタフェの久保建英は2試合連続のスタメン出場を果たした。

 4-2-3-1の右サイドハーフは入った日本代表MFは、キックオフ直後に敵陣で相手の前方へのパスをカット。中央のハイメ・マタにパスを通し、そこからマルク・ククレジャが奪った電光石火の先制ゴールに繋がった。

 しかし、それ以後はなかなかボールにタッチできなかったこともあり、持ち味を発揮できず。あっさり逆転を許したチームも失点を重ねて、1-5という大敗を喫した。

【動画】現地メディアも注目! 久保のパスカットから始まった電光石火の先制弾はこちら
 そんななか、久保のパスカットシーンに注目したのが、スペイン紙の『AS』だ。「20秒でテクニックだけではないことを証明したクボ」と題して、この場面を動画付きで紹介。「ヘタフェは元バルサ戦士の大きな手助けのおかげで、ククレジャが完璧なフィニッシュを決め、20秒で先制した。そのプレーの前に久保のボール奪取があった」と綴っている。

 ハードワークとフィジカル的なディフェンスが特長のヘタフェとあって、加入時は守備面での不安も指摘された久保。だが、マジョルカとビジャレアルで揉まれた19歳は、守りの部分でも成長した姿をみせている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「改善した意味がない」初めて“沈黙”した久保建英を、ヘタフェ指揮官はどう評価した? HTに伝えた修正点とは――
「うまく行かなかった」加入後初黒星の久保建英、“18秒弾”演出もスペイン紙は厳しい評価
「クボに居場所を追われた男」を封じる! “守備への懸念”を2試合で払拭した久保建英、ビジャレアルでの半年間は無駄ではなかった
「クボが来てくれてうれしい」初先発の久保建英を“ヒーロー”のウルグアイ代表MFが称賛!「いい印象だよ」
「ワイルドすぎる」AZ菅原由勢が驚愕の“ヒゲモジャ”姿に! 久保建英からは痛烈なツッコミが…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ