久保建英が演出した“18秒弾”を「見ていなかった」敵将。“犬猿の仲”のヘタフェ指揮官との握手拒否が理由か

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月27日

「これまでも何度もあった」「興味はない」

久保のパスカットから生まれた衝撃弾を見ていなかったのが敵将のマルセリーノ(左)だ。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月25日に開催されたラ・リーガ第20節で、久保建英が所属するヘタフェは、アスレティック・ビルバオとアウェーで対戦。1-5の大敗を喫した。

 この試合で話題を集めているのが、ビルバオのマルセリーノ・ガルシア・トラル新監督が取った行動だ。

 キックオフ直後、久保のパスをカットから、ボールを繋いだヘタフェがわずか18秒で先制点を奪うのだが、敵将のマルセリーノはこのシーンを見ていなかったのだ。ゴールが決まってから、何が起きたのかわからないような表情でベンチに姿を現わすシーンが、テレビカメラにもしっかり抜かれていた。

 いきなりリードを奪われるかたちになったビルバオだが、このマルセリーノを新指揮官に迎えていきなりレアル・マドリーとバルセロナを連破してスーペル・コパを制したチームは、堅守のヘタフェをあっさり攻略。13分にラウール・ガルシアのボレーシュートで追い付くと、50分にセットプレーからジェライ・アルバレスのヘッド弾で試合をひっくり返す。その後も3点を奪って大勝を飾った。

【動画】 久保が起点となった電光石火の18秒弾&その後に姿を現わす敵将マルセリーノ
 余裕のある展開だったこともあり、55歳のスペイン人指揮官は、試合終了の笛を待たずに、ベンチを後にしている。

 現地紙『AS』は、「マルセリーノが遅く来て、早く出て行ったのは、(ヘタフェのホセ・)ボルダラスと挨拶をしたくなかったからだ」と報じている。マルセリーノがバレンシアを率いていた2年前に会見で舌戦となるなど、両指揮官は犬猿の仲にあることが知られている。

 試合後、マルセリーノ監督は“握手拒否説”を否定。「私はいつもぎりぎりに出て行く。今日はトイレに行っていたんだ。遅れて出て行くのは普通のことで、これまでも何度もあった」と釈明した。

 またボルダラス監督の方も、「会話はしていない。そんなことに興味はない」と気にもしていない様子だった。

 真相はわからないが、両監督の対決は今後も注目を集めそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「活躍したようには見えない」移籍後初めて“沈黙”した久保建英に韓国メディアも注目! 69分での交代には「ヘタフェは焦った」
「エメリの下では不可能だった」久保建英の“変貌”にマドリー寄りメディアはご満悦! “冷遇した”ビジャレアルには痛烈な皮肉「クボより上の選手は5%のみ」
「改善した意味がない」初めて“沈黙”した久保建英を、ヘタフェ指揮官はどう評価した? HTに伝えた修正点とは――
「20秒でテクニックだけではないと証明」大敗のなか久保建英の“成長”に現地注目!「仲間を助けた」
「クボが来てくれてうれしい」初先発の久保建英を“ヒーロー”のウルグアイ代表MFが称賛!「いい印象だよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ