「活躍したようには見えない」移籍後初めて“沈黙”した久保建英に韓国メディアも注目! 69分での交代には「ヘタフェは焦った」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月27日

「久保の69分」と題したレポートを掲載

2試合連続で先発出場を果たした久保。インパクトは残せなかった。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月25日に行なわれたラ・リーガ第20節で、久保建英が所属するヘタフェが、アスレティック・ビルバオとアウェーで対戦。1-5の大敗を喫した。

 4-2-3-1の右サイドハーフで2試合連続の先発出場を果たした久保は、キックオフ直後に右サイドで敵のパスをカットし、中央のハイメ・マタにパスを供給。そのマタがサイドに振り、カルレス・アレニャのクロスにマルク・ククレジャが豪快なヘッドで合わせ、わずか18秒で先制点を奪った。

 しかし、良かったのはここまで。その後は好調のビルバオに一方的に押し込まれ、13分にラウール・ガルシアのボレー弾で追い付かれると、27分に獲得したPKをマタが失敗。これが響き、50分にセットプレーからジェライ・アルバレスに逆転ゴールを決められると、続け様に3失点を喫して予想外の大敗となった。

【動画】韓国メディアも注目! 久保のパスカットから始まった電光石火の18秒弾はこちら
 先制点の起点となった久保も、なかなかボールが回ってこなかったこともあり、見せ場を作り出せず。69分で交代を余儀なくされた。

 韓国のサッカーサイト『Interfootball』は、「久保の69分」と題してこの試合をレポート。“日本の至宝”については、「大活躍したようには見えなかった」と評し、69分での交代には「焦ったヘタフェが既存の攻撃陣を変更したが、ゴールは得られなかった」と伝えている。

 ただ目立った活躍がなくても、久保を見出しに使うあたり、隣国のメディアもこの19歳に注目しているのは間違いなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ