【町田|新体制】3か年計画の2年目へ、強化方針は“年齢バランス改善”。GMは補強に自信「狙いをほぼほぼ達成できた」

カテゴリ:Jリーグ

郡司 聡

2021年01月23日

人材が乏しかった中堅層に有力選手を獲得

今オフは年齢バランス改善を方針に掲げ選手を補強。会見の最後にはドゥドゥ獲得が発表された。※写真は新加入選手発表会のスクリーンショット

画像を見る

 町田は1月23日、2021シーズンの新加入選手会見をオンラインで実施した。

「3年以内でJ1を目指せるチーム作り」を掲げた3か年計画の2年目を迎える町田は、19位に終わった昨季のチーム編成を顧みたうえで、強化部は年齢バランスの改善を今オフの強化方針に据えたという。

【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ

 ベテラン、中堅、若手の3グループに大別し、昨季は人材が乏しかった中堅層に、太田修介、三鬼海といった「働き盛り」(唐井直GM)と言える有力選手を獲得。また上の年齢層という括りでは、大ベテランの鄭大世に始まり、長谷川アーリアジャスール、高橋祥平といった30歳前後である「百戦錬磨の本格派」(唐井GM)を加え、戦力増強を果たした。
 
 町田にとって、今季は節目のシーズン。春先にはホームのGスタ(町田GIONスタジアム)が約1万5000人を収容するJ1規格のスタジアムに生まれ変わり、また夏には待望のクラブハウスも完成する。このようにインフラが整うなか、今オフの町田は本気でJ1を目指す気概を示す意味でも、積極的な補強策を敢行したと言えるだろう。

 そしてオンライン会見の最後にはサプライズが待っていた。昨季まで甲府で10番を背負っていたドゥドゥの獲得を発表。チーム強化を主導してきた唐井GMは「競争力を高めようと臨んだなかで、狙いをほぼほぼ達成できた」と話し、今季のチーム編成に自信を覗かせた。

取材・文●郡司 聡(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ