「脅威となったドリブルよりも光っていたのが…」久保建英の“先発デビュー戦”をスペイン人記者が分析! 指摘した今後の課題とは?【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ラディスラオ・ハビエル・モニーノ

2021年01月22日

献身性の高さが表われていた

ウエスカ戦でスタメン出場し、80分までプレーした久保。 (C)Getty Images

画像を見る

 タケ・クボ(久保建英)がヘタフェ加入後、初スタメンを飾ったウエスカ戦で、ホセ・ボルダラス仕様のサッカーを体現して、1-0の勝利に貢献した。この日が初陣だった敵将のパチェタは5-4-1を採用。守りを固める相手に対し、タケは攻守で責任を果たした。ボルダラス監督は試合後、こう称賛を送っている。

「彼と話をした。彼熱意を持ってここにやって来た。その才能やプレーを披露してほしいと伝えたよ。今日はエリア付近に顔を出すことが少なかった。だからハーフタイムに後半はもっと中に入ってプレーするよう指示した。守備面で犠牲精神を見せ、(右SBの)ダミアン(スアレス)をサポートしていたよね。見事に適合してくれた」

 タケが入ったのは4-2-3-1の2列目の右サイド。特に前半はワントップのハイメ・マタの背後はカルレス・アレニャが主にカバーし、タケは右サイドに張ってプレーした。これまで4-4-2がヘタフェのメインシステムだったが、前節のエルチェ戦に続く4-2-3-1の採用についてボルダラス監督は、その新戦力2人の攻撃力を活かす意図があることを明かしている。

【画像】「幸せそう」とファンも歓喜!久保建英が投稿した2枚の写真はこちら
 タケが対面のハビ・ガランに1対1の勝負に挑み始めたのは前半10分過ぎから。最初の見せ場は、ペナルティエリア内で競り合ってヘディングした場面。徐々に身体が温まっていった印象で、方向づけしたボールコントロールからボディフェイントを駆使したドリブルで相手に脅威を与えた。

 カーニョ(股抜き)を見せるなど果敢に突破を図り、今後もタケのドリブルは、ヘタフェの攻撃に推進力をもたらす貴重なオプションとなりそうだ。

 ボルダラス監督とチームメイトの信頼の高さを感じさせたのがセットプレーの場面だ。18分、チームの重鎮の一人で、これまでその役割を担っていた1人のダミアン・スアレスが見守る中、ボールを置き直接FKを蹴った。鋭いコントロールショットは相手アルバロ・フェルナンデスに惜しくも弾かれたが、その後もキッカーを任され、再び惜しいシュートを放つなど左足の精度の高さを見せつけた。

 ボルダラス監督が評価したように、攻撃面以上に光ったのは守備面での働きだ。繰り返し自陣深い位置まで戻りダミアン・スアレスをサポート。タクティカルファールで3度相手の攻撃の流れを断ち切ったのは、その献身性の高さの表われだ。

【動画】現地メディアも絶賛!久保建英が初スタメンを飾ったウエスカ戦のハイライトはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ