【長崎|新体制】悲願のJ1昇格へ!都倉ら「攻守の課題を埋める」新戦力を加え吉田新体制がスタート

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2021年01月20日

「J1昇格のために持っているもの全て捧げたい」(都倉)

新体制発表会見には新戦力4人が参加。前列は左から五月田星矢、左か原田岳、竹元義幸テクニカルダイレクター、髙田春奈社長、吉田孝行監督、都倉賢、新里亮。写真:藤原裕久(フリーライター)

画像を見る

「目標はJ1昇格。このひとつだけだと思います」

 20日、佐世保市で行なわれたV・ファーレン長崎の新体制発表会見で、吉田孝行新監督は力強く宣言。「自分も関わっていましたし、昨年と大きくサッカーは変わりません」と前置きしたうえで、「僕のフィロソフィーとして『サッカーボールは我々のもの』というのがあるので、攻撃ではボールを大事して、守備では相手から奪い返す、見ている人がワクワクする、攻守にアグレッシブで主導権を握るサッカーを目指したい」と決意を語った。

 会見には吉田監督の他、髙田春奈社長、竹元義幸テクニカルダイレクター、新加入選手のうち、大学での試合のために欠席した鍬先祐弥を除く、都倉賢(C大阪)、新里亮(G大阪)、原田岳(横浜)、五月田星矢(長崎U-18)の4名が参加。
 
 強化担当の竹元テクニカルダイレクターは、「既存の選手が多く残ってくれたことが最大の補強」としたうえで「攻守の課題を埋める補強」を進めたことを説明。得点源と期待される都倉は「J1昇格のために持っているもの全て捧げたい」と抱負を語った。

 会見では、サポーターの暖かさに応えられるよう一所懸命に戦い、希望の光となれるよう主体的に光っていくという思いを込めた新スローガン『全力で光れ Keep on Shining for the Future』も発表。髙田春奈社長は「今年一年、駆け抜けたいと思います」とコメントした。

取材・文●藤原裕久(フリーライター)
【関連記事】
【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/15時点)
【セルジオ越後】話題になるのは元日本代表の移籍ばかり…川崎のシミッチ獲得も“補強”とは言えないよ
C大阪退団のFW都倉賢はJ2長崎へ!「J1昇格に向けて全身全霊をかけて戦う」と熱く意気込み
「クボを追い抜きたい」久保建英と“燻る”ブラジルの逸材がマドリーの“EU圏外枠”を巡って争いか「主導権を握っているのは…」
【鹿島アントラーズの最新陣容】着々と進む世代交代。年齢構成も良く隙はない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ