「C・ロナウドという若者を売り込まれた」元バルサ会長が衝撃告白!獲得しなかった理由とは?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年01月14日

ユナイテッドよりも安い金額で…

18歳でマンUに引き抜かれたC・ロナウドだが、バルサに行く可能性もあったようだ。(C)Getty Images

画像を見る

「もし」を言い始めれば、キリがない。だが、想像するのは自由だ。もし、クリスチアーノ・ロナウドがバルセロナに移籍していたら、サッカー界はどうなっていたのだろう。

 約18年前に、その可能性は現実に存在していた。スペイン紙『Marca』によると、当時のバルセロナを率いていたジョアン・ラポルタ会長が、C・ロナウドを売り込まれたと明かしている。

 記事によると、現在もバルセロナ会長選に立候補しているラポルタは、ツイッターでのインタビューで「われわれはロナウジーニョとラファエル・マルケスを獲得するところだった」と振り返った。

「マルケスの周辺から、C・ロナウドという名の若者を獲らないかと勧められた。当時、彼はスポルティングに所属していた」

【動画】C・ロナウドが最新試合決めた見事なトラップからの今季15点目
 ラポルタは「代理人のひとりから『1900万ユーロ(約23億8000万円)でマンチェスター・ユナイテッドに売ろうとしているが、あなたたちなら1700万ユーロ(約21億3000万円)だ』と言われたんだよ」と続けている。

「だが、われわれはすでにロナウジーニョに投資しようとしていた。当時、C・ロナウドは中央よりもサイドでプレーしていたし、われわれはロナウジーニョの獲得でそのポジションは十分カバーできたと考えていたんだ。それでC・ロナウドを獲得しなかった。そして、それを後悔してはいない」

 その後の歴史は、周知のとおりだ。ロナウジーニョはバルサでキャリア最高の時期を過ごした。彼がいなければ、リオネル・メッシの運命も変わっていた可能性がある。ラポルタが獲得に動いていれば、のちにC・ロナウドがレアル・マドリーで黄金期を築くこともなかったかもしれない。

 つまり、近年のサッカー界が、大きく異なるものになっていたかもしれないのだ。「もし」を言い始めれば、キリがない。だが、考えずにはいられないというファンも少なくないのではないだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ