「誰もリバプールに行きたがらない」南野拓実の起用法も影響!? 伊移籍専門記者がマーケットの裏話を告白

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月12日

「リバプールに来たがらない」理由とは?

コンスタントに出場機会を得られていない南野の起用法がチームの補強に影響するのかもしれない。 (C) Getty Images

画像を見る

 リバプールの補強に関する気になる情報が舞い込んできた。

 伊衛星放送『Sky Italia』の移籍専門記者で、移籍市場のエキスパートとして知られるファブリツィオ・ロマーノ記者は、現地時間1月11日に自身のポッドキャスト番組『Here We Go』で、昨今のマーケットにおける“裏話”を明らかにした。

「今は多くの選手たちがリバプールに移籍したがらない」

 リバプールは昨夏にウォルバーハンプトンからディオゴ・ジョッタ、バイエルンからチアゴ・アルカンタラなどを引き抜くなど、新戦力の拡充を成功させているが、一体なぜロマーノ記者は、レッズ入りを拒む選手が多いと語ったのか。そのワケを次のように説いている。

「新加入した選手の大半は、怪我や疲労が蓄積した大物選手たちがチームに戻ってくるまでに5~7試合ほどのプレーはできる。だが、それ以降はずっとベンチにいることになるんだ。リバプールもその起用法について『チャンスが来れば、問題ないだろう』と改めようとはしていない」
 
 実際、サブ組の現状は、ロマーノ記者の分析を裏付けるものとなっている。南野拓実やディボック・オリギ、ジェルダン・シャキリは、モハメド・サラーやロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネに比べ、調子が上向きでもベンチを温める日々を送っている。

 とくに南野は、クリスタル・パレス戦でプレミアリーグ初ゴールという結果を出していながら、以降3試合で起用されずに“待望論”が噴出したほどだった。

 即戦力として獲得されたジョッタやチアゴのような例外もあるが、リバプールで新戦力が得られるチャンスの少なさは、長期離脱中のフィルジル・ファン・ダイクなど負傷者が相次いでいる守備陣のテコ入れが急務と言われる1月の移籍市場で小さくない影響を及ぼすかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ