「相手FWの方が優秀だ…」リバプール伝説のOBたちが南野拓実らに不満吐露!?「彼がいれば負けなかった」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月06日

古巣の現状に苦言

プレミア初ゴールを決めたクリスタル・パレス戦以来、出場機会がない南野。 (C) Getty Images

画像を見る

 王者に厳しい意見が飛んだ。

 現地時間1月4日に行なわれたプレミアリーグ第17節で、敵地でサウサンプトンと対戦したリバプールは0-1で敗れた。直近3試合で2分け1敗と躓いているレッズは、一時9ポイント差もつけていた“宿敵”マンチェスター・ユナイテッドに勝点で並ばれてしまった。

 プレミア連覇に向けて、これ以上のポイントロスは許されないリバプール。彼らのここ最近の低調なパフォーマンスにはレジェンドOBからも苦言が呈されている。

 クラブ歴代2位の公式戦出場試合数(717試合)を誇るジェイミー・キャラガーは、ご意見番として自身が出演している英衛星放送『Sky Sports』の番組内で、サウサンプトンに決勝点をもたらした元リバプールのダニー・イングスを称えつつ、古巣の現状に厳しい言葉を投げかけた。

「ダニーは自分の道をリバプールで見つけることができなかったかもしれない。だが、今日の彼は、リバプールのベンチにいたFWたち(南野拓実、オリギ)よりも優れていると示していた。サウサンプトンに彼を手放したことは、クラブにとって判断が難しい状況だった。しかし、彼はいまゴールラッシュを続けている。もはやエリートゴールスコアラーに加わってもおかしくないほどのストライカーだ」
 
 さらに同じくリバプールOBのポール・インスもキャラガーに同調している。

「イングスがもし、リバプールのベンチにいたらどうなっただろうか。少なくとも私は彼らが敗れることはなかったのではないかと思うね」

 今シーズンのリバプールで控えに甘んじている南野とオリギは合わせて1点しか挙げられていない。それゆえに13試合で7ゴールと量産しているイングスを求める声が浮上するのも無理はないか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ