「リベンジを果たしたい」“初先発&初ゴール”で山梨学院ベスト8進出に貢献! 大けがを乗り越えた3年生MFの決意【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

熊介子(サッカーダイジェストWeb編集部)

2021年01月03日

「絶対に野田からボールが来ると思った」

今大会初先発で監督の期待に応えた浦田(19番)。写真:窪田 亮

画像を見る

[高校選手権3回戦]藤枝明誠1(6PK7)1山梨学院/1月3日(日)/浦和駒場

 サッカー大国・静岡県を代表する“超攻撃的サッカー”の藤枝明誠と、今大会の1回戦、2回戦をウノゼロで勝ち進んできた“堅守”の山梨学院。練習試合でも何度も対戦してきた両校が全国の舞台で顔を合わせた一戦は、試合直後から火花を散らす展開となった。

 先制点は前半31分、藤枝明誠のミスからボールを捉えた山梨学院の野田武瑠(3年)のパスを、浦田拓実(3年)が走り込みながら丁寧に蹴り込んでゲット。だが、その2分後には、左CKのこぼれ球をエリア内で捉えた藤枝明誠の賀茂大紀(3年)がダイレクトシュート。豪快に蹴り込んで1-1とし、前半を折り返す。

 後半はさらに中盤での攻防が激化。序盤は山梨学院が攻勢を仕掛け、後半17分から出場した新井爽太(3年)のロングスローを起点にチャンスを創出するが、ゴールネットを揺らすことができなかった。
 
 その後は両チームともに好機を作りながらもゴールには至らず。勝負はPK戦に持ち込まれた。

 6人目までは両チームともに成功させ、迎えた7人目藤枝明誠の三輪昭太(3年)のシュートを山梨学院の主将GK熊倉匠(3年)がブロックし、PK戦に終止符を打った。

 この日、山梨学院にとって唯一のゴールを決めた浦田は、今大会初先発&初ゴール。長谷川大監督が「相手の(最終)ラインをブレイクできるのが強み」と見込んでの起用に応え、そして「ずっと一緒にやっている野田から、絶対ボールが来ると思った」と信じて走り込んだ先で、冷静に流し込んだ。

 浦田は昨年の12月に中足骨を骨折し、リハビリ中に腰骨も折るという二重苦で半年以上もサッカーができない日々を過ごしたという。それを乗り越えて7月に復帰したものの、その後も小さなケガを積み重ね、「今年の3分の2を無駄にしてしまった」と悔やむ3年生は、準々決勝で対峙する昌平戦に向けて意気込んだ。

「(昌平には)プリンスリーグでは0-1で負けていて、自分のところでもうまくプレーできなかったことを悔しく思っているので、そのリベンジを果たしたい。ベンチに入れない仲間や、大会中にケガをして出られなくなってしまった仲間もいる。そうした悔しさはみんな背負って戦いたい」

 リベンジの舞台は整った。1月5日の昌平戦で、ベスト8の壁を打ち破ることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
選手権、ベスト8出揃う! 前回準Vの青森山田、同4強の矢板中央が接戦を制す。気になる準々決勝の組み合わせは…
“名門同士のバトル”は市立船橋に軍配! 加藤想音が語るチームの伝統「自分たちの代は最弱だと言われて…」【選手権】
「何やってんだ…」4発逆転勝利で8強進出も青森山田の“闘将”藤原優大が「不本意」と嘆いた理由【選手権】
【選手権】絢爛豪華、歴代応援マネージャーを一挙紹介!ガッキー、広瀬すず&アリス姉妹…最新の本田望結は「実は前回大会に…」
【選手権】第16代応援マネージャーに就任した本田望結さんが涙…そのワケは?高校サッカー公式が動画を公開

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ