【川崎】「本当に出来過ぎ」天皇杯初制覇をもたらした三笘薫が、激動の1年を自己評価。 引退の大先輩には…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月01日

「僕も背中を追い続けて今に至る」

先制点を奪った三笘。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 川崎フロンターレ(J1・1位)対ガンバ大阪(同・2位)の天皇杯決勝戦が1月1日、国立競技場で開催。川崎が1-0で勝利を収め、大会初優勝を飾った。

 序盤から圧倒的にゲームを支配したJ1王者が、ようやく均衡を崩したのは55分だった。レアンドロ・ダミアンのスルーパスにゴール前で反応した三笘薫が、飛び出した日本代表GK東口順昭の動きを冷静に見極め、ゴールネットを揺らした。

 その後、先制点で勢いに乗った川崎は惜しい場面も迎えるが、追加点は奪えず。ただ堅守で最後までゴールも許さず、“ウノゼロ”で天皇杯初制覇とともに、中村憲剛の現役ラストマッチに花を添えた。
 
 試合を終えインタビューに登場した三笘は、「本当にダミアンがいいパスくれて、ゴール前で冷静になれたのが良かった」と得点シーンを回想。そのうえで「前半から仕留められるチャンスはあったが、焦れないで自分たちが上手くボールを繋いで、押し込めればチャンスは来ると思っていたので、ひとつ決めれて良かった」と少しほっとしたような心境も明かした。

 さらに、大卒新人ながら獅子奮迅の働きを見せ、チームの優勝に大きく貢献した23歳は、激動の1年を振り返り、「本当に出来過ぎというか、タイトル獲れたし、ゴールで貢献できて本当に良かったと思っている」と確かな手応えを示した。

 そして最後はクラブの象徴でもある背番号14に対し、「やっぱり憲剛さんあってのフロンターレだと思うし、僕も背中を追い続けて今に至るので、本当に憲剛さんと一緒にプレーできて良かったと思っている」と別れを惜しみながらも、感謝の言葉を伝えた。

 2021年は東京五輪も控え、より一層の飛躍が期待される三笘。成長し続けるその背中に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ