• トップ
  • ニュース一覧
  • 川崎、天皇杯初優勝で今季二冠を達成! 引退・中村憲剛は出番なしも、タイトル獲得で有終の美を飾る

川崎、天皇杯初優勝で今季二冠を達成! 引退・中村憲剛は出番なしも、タイトル獲得で有終の美を飾る

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月01日

三笘のゴールが決勝点に!

川崎は三笘が決勝ゴールを挙げた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 川崎フロンターレが初の天皇杯タイトルを獲得し、中村憲剛の引退の花道を勝利で飾った。

 第100回天皇杯決勝は2021年1月1日、川崎フロンターレ対ガンバ大阪の顔合わせで、東京・国立競技場で行なわれ、1-0で川崎が勝利を収め初優勝を飾った。

 川崎は、今季限りで現役を引退する中村憲剛のラストゲーム。中村はFW小林悠とともにベンチスタートとなった。試合は、序盤から川崎が圧倒的にボールを支配し、主導権を握るも、前半は決め手を欠いてスコアレスで折り返した。

 一方のG大阪は負傷により戦列を離れていた宇佐美貴史が先発に復帰し、パトリック、倉田秋とともに前線を形成するものの、周囲のサポートを得られず決定機を掴めない。

 すると後半に入り、スコアレスで迎えた55分、川崎は旗手怜央が粘り強くつなぎ、レアンドロ・ダミアンのスルーパスに反応した三笘薫が抜け出し、右足でゴールに流し込む。リーグ戦で新人最多得点(13点)をマークした三笘のゴールで川崎が先制した。

 その後は終盤にかけて、G大阪が反撃。85分には宇佐美が強烈なシュートで川崎ゴールを襲うが、ここは守護神チョン・ソンリョンが好守で凌ぐ。

 結局、川崎が三笘の挙げた1点を守り切り、1-0で勝利を収めた。川崎は天皇杯初優勝を飾り、今季二冠を達成。現役ラストゲームの中村は出場機会こそなかったが、タイトル獲得で有終の美を飾り、スパイクを脱ぐこととなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【天皇杯決勝PHOTO】川崎1-0G大阪|元日決戦! 三笘の決勝弾で川崎が初優勝!
【関連記事】
【天皇杯 採点&寸評】川崎 1-0 G大阪|試合を決めたのはやはり“持っている男”! 中村憲剛ラストマッチで川崎が歓喜の戴冠
「中村史上最高の1年が送れた」引退の中村憲剛、ラストゲームは出場せずも笑顔で18年の現役生活に幕
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
【川崎】「本当に出来過ぎ」天皇杯初制覇をもたらした三笘薫が、激動の1年を自己評価。 引退の大先輩には…
「マジで衝撃でしたよ」小野、稲本、本山が“一番スゴイ!”と認定した伝説の名手とは?【黄金の記憶】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ