フランス・メディアにスケープゴートされた酒井と長友。評価を上げるために必要なのは…【現地発】

カテゴリ:海外日本人

結城麻里

2021年01月02日

「マルセイユの最大問題がナガトモなら…」

マルセイユの酒井(左)と長友に厳しい声が…。(C)Getty Images

画像を見る

 日本代表の酒井宏樹と長友佑都が所属するオランピック・ド・マルセイユは12月31日、1週間の短いウインターブレイクを終え、早くも後半戦に向け練習を再開した。

 バカンス中にマルセイユをめぐって話題になったのは、日本人両サイドバックのパフォーマンス。ソーシャルネット上に不満が滲むや、一部ウォッチャーもメディアで2人のサムライをこきおろした。

 12月28日に放送された人気討論番組『L’EQUIPE DU SOIR』でこれに飛びついたのは、『FRANCE FOOTBALL』誌のナビル・ジェリット記者。「マルセイユの今後は心配か」の題目がくるや、「心配にきまっているじゃないか! 両サイドバック問題があるだけで明らかだ! サカイ、ナガトモでフランスチャンピオンなんてありえないだろうが!」と大声を上げた。
 
 だがこれに反論したのが、『L’EQUIPE』でマルセイユ番を長く務めた経験をもつエルヴェ・プノ記者だった。プノ記者は、「サカイは試合を重ねすぎて疲労蓄積状態だったし、ナガトモはしばらく第一線で戦っていなかった。何だ、ナガトモ、ナガトモって! だいたいマルセイユの最大問題がナガトモなら、それこそフランスチャンピオンになれちゃうと思うな!」と笑い飛ばした。

 マルセイユはフランスの人気ナンバー1クラブ。それが不調に陥れば話題は沸騰し、誰かをスケープゴートにする単純構図が人気を集め始める。だが識者だけでなく、ファンも相対化して見るのを忘れていない。あるマルセイユ狂は、「長友が期待外れだった事実は否定できないが、チーム全体が期待外れだったのであり、運悪くそこに落ちてしまっただけ」と分析する。

 もっとも長友のオウンゴールとタッチライン際の空振り(12月19日ランス戦、1-1)は、どうしても「過去の亡霊」を彷彿させてしまった面がある。実況アナも思わず、「かつてコウジ・ナカタが同じようなオウンゴールをしましたねえ」と口走った。だがこの日の解説者で、サンテティエンヌ監督として松井大輔を率いたアラン・ペランは、これに反応しなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ