「ちょっとした楽しみもセーブして…」作陽の頼れる“寮長”がPK戦で光り輝く!「確信があった」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年12月31日

剣道の試合よろしく、大音量の「ヤーーー!」で気合

PK戦に自信を持つ徳本。星稜戦でも圧倒的な存在感を示し、作陽を2回戦へ導いた。写真:金子卓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権1回戦]作陽 2(5PK3)2 星稜/12月31日(木)/等々力

 名門対決をPK戦の末に制したのは、岡山の雄だった。

 12月31日、第99回全国高校サッカー選手権の1回戦が等々力会場で行なわれ、第2試合で作陽(岡山)と星稜(石川)が対戦。前半のうちにリスタートから2点のリードを奪って試合を優位に進めた星稜に対して、追い込まれた作陽は慌てることなく、後半になって反撃を開始する。前線でしっかりタメを作って突破口を見出すと、FW杉本翔(3年)が後半10分、16分と立て続けにパワフルヘッダーを決めて同点に追いついた。

 その後は両チームとも決め手を欠いて試合はPK戦へ突入。ここで存在を誇示したのが、作陽の守護神・徳本乃耶(3年)だ。敵の3本目を見事な読みでブロックし、チームを勝利に導いた。

「警戒していた(星稜の)セットプレーから失点してしまって、キーパーとして詰めが甘かったと思います。でもPKには自信があって、今日も2本目を手に当てられたので、確信がありました。試合中から相手の特長だったり、こういうプレーをする選手ならこう蹴ってくるだろうとか、よく観察しているので」

 作陽の酒井貴政監督は「PK戦はけっこう練習してきた」と語り、殊勲の活躍をみせた徳本については「公式戦で本領を発揮するんです。県予選でも止めてくれたし、これはやってくれると思って見ていました」と信頼を口にした。

 今季、選手寮では寮長を務めた。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、高校スポーツの選手寮でクラスターが発生する例が全国で頻発し、当然、作陽も他人事ではない。徳本は「以前は食事のときは仲の良いグループで食べたりしていましたけど、コロナなのでシールドを付けたりとか、向かい合ったりしないようにとか、ちょっとした楽しみをセーブしながら過ごしました」と振り返る。そして「みんなで頑張って取り組んできたから、掴めた勝利だと思います」と胸を張った。

 マンチェスター・シティのブラジル代表GK、エデルソンに憧れ、目標とする18歳。PK戦では剣道の試合よろしく、スタンドに響き渡る「ヤーーー!」の大声で自身を奮い立たせた。下の名前は、乃耶と書いて「ダイヤ」と読む。ダイヤモンドのように輝いてほしい、との想いを込めてご両親が名付けた。2回戦の相手は、過去3度の選手権優勝を誇る東福岡(福岡)。強豪を相手に、ふたたびビッグセーブで光り輝けるか。頼れる“寮長”のハイパフォーマンスに注目だ。

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】1回戦|作陽 2(5PK3)2 星稜|0-2から追いついた作陽がPK戦で凱歌! GK徳本がファインセーブ!

【選手権PHOTO】最新16代目は本田望結に決定! 堀北・ガッキー・川口春奈・広瀬姉妹ら豪華絢爛な「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ