【選手権】“赤い彗星”東福岡が鮮烈2発で初戦を突破! 難敵・桐蔭学園との注目ゲームを制す

カテゴリ:高校・ユース・その他

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年12月31日

背番号20が圧巻の決定力を披露!

2ゴールと気を吐いた日高(中央)。とくにこの2点目の一撃はお見事だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権1回戦]東福岡 2-0 桐蔭学園/12月31日(木)/等々力

 第99回全国高校サッカー選手権は12月31日に1回戦が行なわれ、等々力会場の第1試合では東福岡(福岡)vs桐蔭学園(神奈川)の注目対決が実現。前者が2-0で初戦を飾った。

 立ち上がりから左サイドの青木にボールを集めてはボールポゼッションで上回る東福岡に対して、桐蔭学園はリトリートした守備からしっかりポイントを抑えて、頼みの2トップである長澤&立石に素早く当てて速攻を試みる。実力伯仲の拮抗したゲームが繰り広げられた。

 均衡が破れたのは前半35分だ。立て続けにあった大ピンチを凌いだ東福岡は、一気呵成の逆襲から左サイドの青木が鋭いアーリークロスを中央へ供給。これに呼応した日高が鮮やかなトラップからGK松尾との競り合いを制した。さらに7分後の42分、ふたたび日高が大仕事をやってのける。今度はエリア内で足下にボールを収め、シャープな身のこなしで左へ持ち出して左足を一閃! 狙い済ました一撃でリードを広げた。

 後半に入って全体のラインを押し上げて攻勢を仕掛ける桐蔭学園。縦へのクサビのパスを多用して、敵バイタルエリアを再三に渡って攻略するが、なかなかシュートにまでは至らない。後半19分には長澤がビッグチャンスを掴むも、相手GK原のファインセーブに阻まれてしまう。ならばと長めのボールで揺さぶったが奏功せず、最後まで東福岡の堅牢を破れなかった。

 スコアはこのまま動かず、東福岡が2-0で強豪対決をモノにしている。

取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】最新16代目は本田望結に決定! 堀北・ガッキー・川口春奈・広瀬姉妹ら豪華絢爛な「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ