「ビビらずにもっとやったほうがいい」海外で揉まれる19歳GK小久保玲央ブライアン。代表スタッフが感じた進化とは…

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2020年12月31日

A代表が最終的に目指すべき場所

2019年1月からポルトガルでプレーする小久保。写真:滝川敏之

画像を見る

 12月25日の明け方。U-19日本代表に激震が走った。FIFAが新型コロナウイルスの感染拡大の状況を鑑み、来年5月にインドネシアで行なわれるU-20ワールドカップの中止を決定。来年3月の最終予選を兼ねたアジア選手権に向けて、21日から千葉県内で合宿を行なっていたチームにも直ぐさま伝えられた。

 アンダーカテゴリーのワールドカップがサッカー選手としてのゴールではない。アジア選手権もあるし、その先のA代表が最終的に目指すべき場所である。ショックを受けたのは間違いないが、目標を切り替えて新たなスタートを切った。

 そうした難しい状況下で行なわれた年内最後の活動にヨーロッパから参戦した選手がいる。ポルトガル1部のベンフィカでプレーする小久保玲央ブライアンだ。
 
 ナイジェリア人の父とバスケットボール経験者の母を持ち、恵まれたサイズと身体能力を持つ成長株は中学年代から柏レイソルの下部組織でプレー。2018年の1月にカタールで開かれたアルカス国際大会でベンフィカと対戦したことをきっかけにオファーを受け、翌年の1月にベンフィカへ加入を果たした。

 10代のGKがプロを経由せずに欧州のクラブへ移籍するのは異例の出来事。本人も当時は驚きを隠せずにいたが、渡欧後はBチームやU-19歳以下のチームで自身のプレーに磨きをかけてきた。

 さらに、知人の紹介で知り合った権田修一(ポルティモネンセ→清水エスパルス)に助言を受け、食事改革を実行。筋力トレーニングを踏まえた上で摂取する食べ物にも気を配るようになった。その結果、体重は2年間で6kgアップ。体格も一回り大きくなり、海外の選手たちにも負けない身体になった。
 
【関連記事】
【U-19代表】練習試合での各選手の起用ポジションは? そして大きな存在感を放ったのは…
「彼はフェノメノ(怪物)だよ」エイバル指揮官が乾貴士を絶賛! 元スペイン代表監督に「言葉も分からない日本人なのに」と問われ…
「キレキレのセクシートラップ!」乾貴士がバルサDFを翻弄した華麗なテクニックに現地脚光!「凄すぎる」
「かけがえのない愛されるべき選手」。退団決定の“ミスターレイソル”へ、ネルシーニョ監督が心温まるメッセージ
トルコ1部クラブ主将の“セルフVAR”が世界中で話題に!判定に激怒してスマホを持ち出し…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ