「気持ちを信じて打った」南野拓実が“初ゴール”を回想! 歓喜の瞬間に抱いた想い「なかなか決めれなくて…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月25日

「自分に失望するとまではいかないけど…」

プレミア初ゴールを決め、雄叫びを挙げた南野。この時の心境を本人が明かした。 (C) Getty Images

画像を見る

 その時はキックオフから間もなくして訪れた。

 現地時間12月19日に開催されたプレミアリーグ第14節で、南野拓実が所属するリバプールは、敵地セルハースト・パークでクリスタル・パレスと対戦。3トップの一角で先発機会を得た日本代表FWに千載一遇のチャンスが訪れたのは、開始間もない3分だった。

 敵ペナルティエリア内でサディオ・マネのパスを受けると、ワントラップで寄せてきた相手DFナサニエル・クラインをかわし、右足を一閃。鋭いシュートをゴール左隅に突き刺してみせた。

 リバプールと契約を締結してからちょうど1年という日に、文字通りのメモリアルゴールを決めた南野は、90分間に渡って執拗なフォアチェックを披露して7-0の大勝劇に貢献した。

 その待望の一発に本人は何を思っているのか。南野は、現地時間12月24日にリバプールの公式サイトで公開されたインタビューで「本能的だった」とゴールの瞬間を振り返っている。
【動画】待ちに待った瞬間! 南野拓実のプレミアリーグ初ゴールシーンはこちら

「サディオが僕にボールを渡したとき、相手が僕をブロックしに来ていると感じた。でも、そこで考えている余裕はなかったから、自分の気持ちを信じてシュートを打った。プレミアリーグでのゴールは、本当に達成したかったことだったから満足はできている。ただ、嬉しいだけというよりも、思ったより時間がかかったなとも思う」

 1年をかけてようやくゴールを決めたことに複雑な胸の内を明かした日本代表FWは、「プレッシャーも感じていた」とも続けている。

「なかなかゴールを決められなくて、自分に失望するとまではいかないけど、常に早く取りたいとは思っていた。まだ一回しか決められていないからもっと得点できるようにがんばりたい」

 インタビューの最後には「あの試合で全てが上手くいったわけじゃない。まだまだ改善していくために一生懸命に努力しないといけない」と語り、謙虚に振る舞った南野。ユルゲン・クロップ監督が「心構えは常に最高レベルにある」と絶賛する男からますます目が離せなくなってきた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ミナミノは必要不可欠だ」プレミア初ゴールで声価を高めた南野拓実を“ファーガソンが認めた男”が絶賛!
「まだたったの1ゴールだけど?」南野拓実のプレミア初ゴールに沸く母国に韓国メディアは冷ややかな視線
「タキはずっとセンセーショナルだ」熱血漢クロップが“1ゴール”の南野拓実を評価するワケとは?
「結果を残せない選手を使い続けられない」“試用期間終了”の久保建英に厳しい現実。エメリ監督の発言に現地注目!
「クボの居場所がなくなった」2戦連続出番なし…久保建英の去就を現地大手紙が報じる!「退団こそが全員に利益をもたらす解決策」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ