【横浜FC】清水からレンタル中のGK六反勇治が完全移籍!今季も23試合でゴールを守る

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月23日

清水での経験は「人生の中で素晴らしい時間となりました」

今季横浜FCでリーグ戦23試合でゴールを守った六反。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜FCは12月23日、今季、清水エスパルスより期限付きでチームに加わっていたGK六反勇治の完全移籍での加入を発表した。

 アビスパ福岡でキャリアをスタートさせた33歳の六反は、その後横浜F・マリノス、ベガルタ仙台、清水と渡り、2019年はレンタルで横浜FCへ加入。

 J2からの昇格初年度ながら、15位でシーズンを終えたチームでは、正確なキックでビルドアップにも参加し、リーグ戦23試合、カップ戦1試合でゴールを守った。

 そんな六反はクラブを通じて、「今シーズンも応援ありがとうございました!来シーズンからもクラブの力になれるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」とコメント。
 
 また、清水のクラブを通じては以下のように感謝の言葉を表した。

「このたび、横浜FCへ移籍することになりました。静岡、清水という街でサッカー選手として過ごすことのできた日々は人生の中で素晴らしい時間となりました。今後もサッカー選手として成長して、いつも最高のサポートをしてくれるサポーターの前に笑顔で帰って来れるように頑張ります。これからも清水エスパルスを応援してます」

 今季は開幕スタメンを勝ち取り、レギュラーとして定着した六反。新シーズンは横浜FCにおいて確固たる守護神となれるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「そのビデオは今でもたまに見たりする」横浜FCの奥寺会長、カズ、俊輔がマラドーナへ追悼メッセージ
キング・カズがC・ロナウドやイブラについて伊紙に語る!「50歳でもプレーできる。でも…」
【五輪1年延期の明暗①】U-23日本代表が国内合宿で再出発! GK・DF陣の勢力図には異変も
【2020年の日本人選手ベスト11 vol.4】健在を証明したレフティ!絶大なる安心感はまるで「川崎の父」のようだ
【Jアウォーズ】ベストイレブンに川崎から史上最多の9選手! 得点王オルンガのほか、最後の一席を射止めたのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ