天国と地獄を経験した浦和内定CBがいざ選手権へ――青森山田のU-18日本代表DF藤原優大の覚悟

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2020年12月19日

U-19とU-18の代表合宿で感じたレベルの違い

U-18日本代表でも持ち前の対人プレーや空中戦の強さを見せる藤原。U-19日本代表にも選出される逸材だ。写真:安藤隆人

画像を見る

 12月13日から16日までの4日間、千葉県内で行なわれたU-18日本代表合宿において、青森山田高のキャプテンであり、来季の浦和レッズ入りが内定しているCB藤原優大は強い自負と自覚を持って臨んでいた。

 今回の合宿は、来年3月にU-19アジア選手権を控えるU-19日本代表の影山雅永監督が、現在高3の選手をメインに招集して行なわれた。多くのJ内定者が顔を揃えたが、U-19日本代表候補合宿にも参加経験のある者は、藤原を含めてごくわずか。

「U-19日本代表に呼んでもらって、レベルが1つ2つ違うと肌で感じましたし、あの代表合宿を経験させてもらったからこそ、自分の代で力を発揮しないといけないと自分に言い聞かせてやっていました」

 率先して声を出し、最終日の紅白戦では最終ラインで対人や空中戦の強さを発揮する一方で、積極的な縦パスなど攻撃のスイッチを入れる役割にも意欲的に取り組んだ。

「ディフェンスラインからの組み立ては今年1年間、自チーム(青森山田)でも意識してやっていたので、そこで少しは成長できたかなと思っています。ただ、まだボールを動かすところ、数十センチのポジショニングだったり、どのような質のパスを出すかなど、細かい部分が足りないので、これは逆にもっと成長できるなとポジティブに捉えています」

 他にも意欲的に臨んだ理由があった。それはこの場を提供してくれたサッカー協会をはじめとしたスタッフなど関係者に対してと、選手権の約2週間前という重要な時期に送り出してくれた青森山田への感謝の気持ちだ。

「本当にトップトップの選手と戦う機会がなかった中で、こういう場に呼んでもらえることで、大きな刺激とトップレベルを感じることができる。こんな大変な状況下でもこうして合宿を開いてくれたことで、課題も見つけることができて本当に感謝をしています。それにチーム(青森山田)も選手権に向けて詰めていきたい部分を、きちんとやりたい時期だと思うのですが、僕と玖生をこういう場に行かせてくれたことにも感謝をしています」
 
【関連記事】
【高校サッカー勢力図】2020選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?
「すぐにプロでやれる」浦和内定の高校No.1CBに青森山田指揮官もお墨付き!それでも藤原優大が表情を曇らせたワケ
「勝ててホッとした。でも…」青森山田の2年生エース松木玖生が異例の“同校決戦”後に漏らした想い
大学生相手に2発!選手権得点王を狙う神村学園1年生FW福田師王がU-16代表合宿で見せた成長ぶり
【選手権】開幕目前! 編集部が厳選した大会を彩る“ダイヤの原石”たちを一挙紹介!~FW編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ