「夢を追った日々は忘れない」ジェフへの溢れる想いと新たな目標とは――あの助っ人たちの“いま”【ホアキン・ラリベイ】

カテゴリ:ワールド

チヅル・デ・ガルシア

2020年12月21日

最も思い出深いゴールは?

攻撃を牽引したラリベイは、ジェフ・サポーターたちからも愛される存在だった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「ジェフのサポーターは世界一さ!」

 取材をした際にホアキン・ラリベイの口から真っ先に飛び出してきたこの言葉は、決して社交辞令などではない。過去8か国11チームでプレーした彼にとって、ジェフユナイテッド千葉、そして日本で過ごした2年間は「選手としても一人の人間としても最高の経験だった」。

 昨年、ラリベイはアルゼンチンのメディアのインタビューに応じた際にも「これまでプレーしてきた国でどこが一番だったか」という質問に間髪を入れず「日本」と答え、ワールドカップ歴代優勝国以外はサッカー後進国と決めつける傾向のあるアルゼンチン人ジャーナリストたちを驚かせていた。

 しかも、その理由も、日本を訪れた外国人選手たちよく口にする「礼儀正しい人々と清潔な街」というものに留まらず、「サッカーのレベルが非常に高いこと」と「競争力のあるリーグ」、そして「サポーターの熱さ」と話し、あくまでもプロサッカー選手としての視点から日本を高く評価していたのだ。

 そんなラリベイに改めて「日本」について訊いた。
 
「日本のサッカーはとても気に入ったよ。選手のプロフェッショナリズムと熱いサポーターが完璧なコンビネーションを作り上げている。サッカーそのもののレベルの高さについては話に聞いていたけれど、サポーターの熱さには一番驚かされた。

 試合中は終始、チャントを歌い、しかも選手一人ひとりのための応援歌があって、外国人の選手のためにそれぞれの国旗まで用意してあるんだ。ジェフのサポーターたちに応援してもらったことは素晴らしい体験だった」

 かけがえのない日本での経験。そのなかでも一番思い出に残っている得点は、そんなサポーターたちと一緒に昇格プレーオフ進出への望みを繋いだ2017年11月11日に行なわれた名古屋グランパス戦での2ゴールだという。

「自分で決めた全ての得点に思い入れがあるけれど、あの試合での2ゴールは特別さ。チームが一丸となって、サポーターとも一体になって昇格を目指し、夢を追った日々は忘れ難い思い出だ」
【関連記事】
「いつか必ず日本に戻る」セレッソ大阪退団後に驚きのキャリアを歩む――あの助っ人たちの“いま”【ディエゴ・フォルラン】
「日本人はインテリジェント」J初代得点王が語った日本サッカーの未来――あの助っ人たちの“いま”【ラモン・ディアス】
あのブラジル人J戦士はいま【第4回】エメルソン――年齢詐称から始まったキャリア。札付きの悪童が“貧民街の天使”へ
あのブラジル人J戦士はいま【第1回】ビスマルク――「自分のような選手を助けてあげたかった」
「試合終了の笛が鳴った瞬間にギャンブルのことを…」元プレミア戦士が“依存症”を衝撃告白!救ったのはサッカー界きっての闘将だった

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ