• トップ
  • ニュース一覧
  • 伊東純也同僚のデンマーク代表DFが1月にアタランタ移籍か。指揮官のリクエストで交渉中と現地報道

伊東純也同僚のデンマーク代表DFが1月にアタランタ移籍か。指揮官のリクエストで交渉中と現地報道

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年12月17日

メーレ自身はステップアップを希望しているとも

アタランタへの移籍が噂されるメーレ。(C)Getty Images

画像を見る

 アタランタが冬の移籍マーケットで、右ウイングバックの補強に動いているようだ。12月16日、『sky sports』はアタランタが昨夏に続いて、ベルギーのヘンクに所属するデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(23歳)の移籍交渉を行なっていると報じた。
 
 アタランタの右ウイングバックのレギュラーは、オランダ代表のハンス・ハテブールが務めているが、そのバックアッパーが心許ない。2020年の夏にバレンシアからイタリア代表のクリスティアーノ・ピッチーニを、サンプドリアから元イタリアU-21代表のファビオ・デパオーリをそれぞれレンタル補強したが、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は2人の働きぶりに満足しておらず、クラブに新戦力をリクエストしたという。
 
 そこでアタランタは20年夏の移籍マーケットでも獲得に動きながら、最終的には手に入れられなかったメーレを、ふたたびターゲットにしているというのだ。メーレとヘンクの契約は23年までで、移籍金は推定1000万ユーロ(約12億5000万円)。メーレ自身はステップアップを希望しているという。
 
 メーレはデンマークのオールボーから17年7月にヘンクへ移籍すると、すぐにレギュラーポジションを奪取。今シーズンもここまで国内リーグで全16試合にフル出場している。20年9月にはデンマーク代表にもデビューした期待の新星だ。
 
 ヘンクからヨーロッパのトップリーグに旅立った選手は、GKティボー・クルトワ(現レアル・マドリー)、DFカリドゥ・クリバリ(現ナポリ)、MFケビン・デ・ブルイネ(現マンチェスター・C)、MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(現ラツィオ)らがおり、アタランタには17年7月にDFティモティー・カスターニュ(現レスター)が、19年7月にはMFルスラン・マリノフスキが移籍している。メーレも彼らに続いて、トップリーグに羽ばたいて行くのか注目したい。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
中国から大物助っ人が次々に引き上げ?イタリア代表クラスの3選手も冬にセリエA復帰か
久保建英は本当に“冷遇”されているのか? チーム唯一の「全試合出場」から透けて見えるエメリ監督の思惑
キング・カズがC・ロナウドやイブラについて伊紙に語る!「50歳でもプレーできる。でも…」
吉田麻也がイタリア誌でキング・カズとの“秘話”を披露! セリエAに勧めたい日本人選手も告白「彼と一緒にやれたら…」
「最高の掘り出し物になる」香川真司が1月にニューカッスルに移籍!? 専門メディアが“可能性”を報道

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ