• トップ
  • ニュース一覧
  • 「見事で、壮大なミス」元リバプールDFがロシアでやらかした“愉快なOG”が話題に!「焦る必要なんて…」

「見事で、壮大なミス」元リバプールDFがロシアでやらかした“愉快なOG”が話題に!「焦る必要なんて…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月17日

GKへのバックパスが無情にも…

ゼニト移籍後はキャプテンとしてチームを統率していたロブレンがやらかしてしまった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月16日に行なわれたロシア・プレミアリーグ第19節、ゼニトが本拠地でライバルのスパルタク・モスクワを迎え撃った一戦で、生まれた1点が話題となっている。

 ホームチームが1点をリードしていた22分だった。スパルタク・モスクワのビクター・モーゼスが右サイドから放り込んだクロスをアイルトンがファーポストから折り返す。このエリア内でルーズとなったボールをゼニトのCBデヤン・ロブレンがGKに戻そうと胸で弾いたボールが、そのまま自らのゴールへと吸い込まれたのだ。

 その後、ゼニトが2点を奪って3-1と勝利したものの、エリア内でロブレンがやってしまった軽率なプレーには、非難の声が上がっている。

 ロシアニュース専門局『Russia Today』は、「ゼニトのスターによる壮大なオウンゴールだ」と見出しをつけたうえで、次のように報じた。

「デヤン・ロブレンの見事で、壮大なミスだ。危険を顧みない安易なバックパスによって生まれた失点シーンで彼は容赦なく嘲笑されている。ゼニトは勝利して首位の座を死守したが、クロアチア代表ディフェンダーに対するファンからの批判はしばらく止まる気配はない」
 
 さらに今夏までリバプールに在籍していたことから、英国メディアもロブレンの“失態”をレポート。英スポーツ専門ラジオ局『TalkSPORT』は、「元リバプールのロブレンがロシアでなんとも愉快なオウンゴールを決めた」と皮肉った。

「ロブレンは至近距離からゴールキーパーにバックパスを試みて、自分たちのゴールに点を決めてしまった。彼はこの夏にゼニトに入団して以来、キャプテンとして責任感のある堅実なプレーを披露していただけに、残念でならないプレーだった。状況を考えれば、焦る必要なんてなかったのに……」

 ロシア・プレミアリーグは来年2月28日までウインターブレイクに突入する。果たして、ロブレンは再開後に今回のオウンゴールによって付いてしまった悪いイメージを払しょくできるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「世にも奇妙な…」レバークーゼン守護神の痛恨すぎるOGがドイツで話題に!本人は「足に何かが起きた」と釈明
「こんなん初めて見たわ」横浜の“30M級”オウンゴールにファン驚愕!海外メディアも注目「Oh NO!」
「胸糞悪すぎる」「本気で抗議してほしい」神戸ファン憤慨!ACL蔚山戦、2度の不可解VAR判定に納得いかず
「最高のチームが負けた」「我々は完璧だった」プレミア大一番後にクロップとモウリーニョが交わした会話とは?
「クボはマドリーに我慢を求める」久保建英はビジャレアルでのレンタル継続を希望か。ただ、保有元は現状に不満も…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ