需要高まる大卒Jリーガー。早大・外池監督が考える大学サッカーの価値とプロ内定選手に求めたこと

カテゴリ:Jリーグ

安藤隆人

2020年12月16日

社会人としても経験を積んでいる元Jリーガー指揮官が重視するプロになるために必要なものとは?

2022年の清水加入が内定している加藤拓己。来季は大学とプロとしての両立が求められる。写真:安藤隆人

画像を見る

 近年、Jリーグでは大学サッカーからプロ入りした選手たちの活躍が目覚ましい。Jクラブから見ても即戦力として計算できる大卒選手の需要はさらなる高まりを見せており、今年も明治大からは実に10人のプロ内定選手が誕生するなど、関東大学リーグに所属する多くのチームがプロ内定選手を抱えている。

 現在、明治大と首位を争っている早稲田大も3年生ストライカー・加藤拓己の清水エスパルス内定、4年生ボランチの鍬先祐弥のV・ファーレン長崎内定が発表された。

 早稲田大ア式蹴球部を率いるのは、チームのOBであり、ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)を皮切りに11シーズンのプロ生活を送った、元Jリーガーの外池大亮監督。プロ選手、指導者としての顔以外にも現役引退後に広告代理店の大手である電通に勤務し、現在はスカパーに勤務するなど、社会人としても経験を積んでいる外池監督は、プロになるために必要な要素をどう捉えているのか。話を聞くと、まずは『主体性』が重要な鍵になると答えた。

「何かの指示を受けてプレーを選択するのではなく、その試合に臨むまでの過ごし方だったり、ゲームへの向き合い方だったり、大きく言えば自分がいる社会の中でどう生きていくか、どうなっていきたいかに至るまで、自分やチームに留まらず、社会や大学サッカーという世界を俯瞰しながら取り組める視座が必要だと思っています」

 大学サッカーは、サッカーだけを教える場ではない。4年間という歳月をかけて、視野を広げ、常に『社会とサッカーと自分』というものを相対的、かつ主体的に捉えて行動をする人間になるアシストをしていく場だと外池監督は捉えている。

「そのためにはまず彼らのアイデアや意思を尊重しながら、我々スタッフが積極的なディスカッションを行なっていくことが大事になります。その上で自分が置かれている状況、求められていることを感じ取って、アクションを起こしていく。もちろん我々、大人スタッフも変化の早い社会の中で、自らの経験だけに囚われないことを基軸としながら、その選手が置かれた状況をリスペクトすることが前提となります」
 
【関連記事】
東福岡2冠メンバーが故郷クラブの長崎へ。早大ボランチ鍬先祐弥が思う内定が遅れた理由と進化への鍵
早大ア式蹴球部をサポートする元Jリーガー、嵜本晋輔。早大OB原博実と語る「大学サッカーの今とセカンドキャリア」
史上初、早稲田大(ア式蹴球部)へロゴを掲出する株式会社SOUの元Jリーガー社長は何者か
「思考力が、現在の成果につながった」早大ア式蹴球部・外池監督が明かす好調の要因と、コロナ禍で感じた選手の成長
大学生相手に2発!選手権得点王を狙う神村学園1年生FW福田師王がU-16代表合宿で見せた成長ぶり

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ