「クボは耐えている」もがき苦しむ久保建英の厳しい現状を現地紙がレポート。「エメリ監督が励ます番だ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月16日

「華麗なタッチのほかは目立たなかった」

出番が少なく、冬の移籍も囁かれている久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 ビジャレアルの久保建英は、現地時間12月13日に開催された第13節のベティス戦にリーガでは今シーズン2度目の先発出場。左足の足裏を使った絶妙のパスでチャンスを作り出したシーンもあったが、58分で交代となり、アピールとまではいかなかった。

 スペイン全国紙の『AS』は、「クボは姿が見えないことに耐えている」と題して、なかなか存在感を発揮できない苦しい現状をレポートしている。

「クボはビジャレアルで居場所を作ろうとしている。日本人選手は、彼とマドリーの両方が期待したような出場機会を得ているわけでないが、それでも数分はプレーしている。日曜のベティス戦は約1時間プレーしたが、ヒールの華麗なタッチなどいくつかのプレーのほかは目立たなかった」

【動画】久保建英が披露した“芸術的な足裏パス”はこちら
『AS』紙は、ヨーロッパリーグでは全5試合でスターターになり、1ゴール・3アシストをマークしている久保が、リーガでの先発は2試合だけで、62分と58分に交代になっていると指摘。満足な出番を与えられていない状況をレポートしている。

 最後に、前節のエルチェ戦の前に語ったウナイ・エメリ監督の「選手がチヤホヤされた時、私は陶酔感を抑えつける。しかし、彼らが沈んでいる時は、助けようとする」というコメントを紹介し、「今度は彼を励ます番だ」と綴っている。

 冬の移籍も取り沙汰されるなか、もがき苦しむ19歳はいかなる選択を下すのか。その去就にも注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ