「天才的なプレーだ」久保建英がバルサ保有DFを翻弄した“芸術的な足裏パス”を現地メディアが絶賛!「間違いなく最も優雅だった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月14日

「ランプをこすれば、最上級のプレーヤーに」

ベティス戦で先発し、58分までプレーした久保。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 現地時間12月13日に開催されたラ・リーガ第13節で、久保建英が所属するビジャレアルが、ベティスとアウェーで対戦。開始5分にCKからCBパウ・トーレスのヘッド弾で先制したものの、51分にアイトール・ルイバルにゴラッソを叩き込まれ、1-1のドローに終わっている。

 今シーズンのリーガでは、6試合ぶり2度目のスタメン出場を果たした久保は、4-4-2の右サイドハーフでプレー。ハーフタイム以外で3度しか使えない交代回数の問題で、58分にベンチヘ下がる結果となってしまったが、随所にキープ力や創造性溢れるプレーを披露した。

 なかでも秀逸だったのが、55分に見せたプレーだ。敵の左SBファン・ミランダとFWボルハ・イグレシアスと対峙しながら、左足の足裏を使ってヒールパスのように右足の後ろを通す高度なパスをマリオ・ガスパールに送り、チャンスを作り出した。

【動画】久保建英が披露した“芸術的な足裏パス”はこちら
 スペイン紙『AS』は、このシーンを「彼がランプをこすれば、最上級のプレーヤーになる。クボの純粋なファンタジー」と題して動画付きで紹介。「ベティスとビジャレアルの試合で、この日本人は、間違いなく最も優雅な、この天才的なプレーを披露した」と絶賛した。

 自身と同じくバルサのカンテラ(下部組織)出身で、ベティスにレンタル中の逸材ミランダを翻弄した久保。このプレーで乗ってきたところだっただけに、その3分後にアクシデント的な交代になってしまったのは残念だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「絶え間ない脅威だった」久保建英の“復調”に海外注目!「遥かに優れていた」
「言い訳にならない」久保建英らの決定機逸に同僚MFが苦言「決める必要があった」
「クボが居場所を見つけて良かった」前節の久保建英をエメリ監督が高評価!先発起用をついに示唆
「日本人を待っている」久保建英の新天地にヘタフェが急浮上!柴崎岳を“干した”指揮官がまさかの懇願か「マドリーは現状に落胆」
「それは恐ろしいぐらい」久保建英が保有元マドリーの“プレッシャー”を現地紙に語る! 日本から注目を浴びることについては…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ