「日本人を待っている」久保建英の新天地にヘタフェが急浮上!柴崎岳を“干した”指揮官がまさかの懇願か「マドリーは現状に落胆」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月12日

決定権はビジャレアル側にある

公式戦全試合に出場している久保だが、リーガでのスタメンは一度だけだ。(C) Getty Images

画像を見る

 ビジャレアルの久保建英は、ここまで公式戦17試合に出場している。だが、ヨーロッパリーグでは全5試合でスタメン入りを果たしている一方、ラ・リーガでは12試合で先発はわずか1度のみ。そのため、保有元であるレアル・マドリー寄りのメディアは、ウナイ・エメリ監督の起用法を批判したり、レンタル打ち切りの可能性をしきりに報じたりと、ビジャレアルにプレッシャーを掛けている。

 レンタルが中断した場合の新たな移籍先候補として、レアル・ソシエダ、バジャドリー、バレンシア、ベティスなどが挙がっていたが、ここにきて新たな名前が急浮上した。12月12日にスペイン全国紙の『MARCA』が伝えたところによれば、ヘタフェが冬の移籍市場で久保の獲得を狙っているという。

「久保とレアル・マドリーは逃げ道を探し、ヘタフェは日本人を待っている」と題した記事で、『MARCA』紙は「マドリーの上層部は、ビジャレアルでのレンタル中に日本人の存在感がはるかに高まることを期待した。だが、思ったよりプレーできておらず、落胆している」と報道。ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が「何が起きるか待っている」としている。

【動画】「なぜだ?」久保建英にエメリ監督が激怒したシーンはこちら
 マドリー側は「クボがまもなくファーストチームに加わり、重要な役割を果たすと考えている」が、そのためにはもっとプレーする必要があると考えているようだ。だが、あくまで決定権は6月30日までレンタル契約を結んでいるビジャレアル側にあるという。

 ヘタフェは「長年クボを注視していた」ようだが、ボルダラス監督のサッカーは、凄まじいハードワークを基盤にしたソリッドな守備が特徴で、“武闘派”を好むことで知られている。柴崎岳(現レガネス)にほとんどチャンスを与えず、“干した”のも記憶に新しいところだ。

 創造性のあるプレーを得意とし、フィジカル的に強いとは言えない久保は、指揮官の好みとは真逆にも思えるが、あえて足りない部分を補いたいという思惑なのか。今後の展開に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「クボが居場所を見つけて良かった」前節の久保建英をエメリ監督が高評価!先発起用をついに示唆
「言い訳にならない」久保建英らの決定機逸に同僚MFが苦言「決める必要があった」
“緊急事態”で久保建英がついに先発抜擢か?スペインの大手2紙もスタメンを予想
「オサスナを選んでいれば…」レアル番記者が指摘した久保建英の“誤算”。「マドリーにもビジャレアルを勧めた負い目がある」【現地発】
「信じられない」マラドーナが最期を迎えた部屋が“粗末すぎる”と怒りの声!看護師は「“自宅”なら生き続けていた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ