【ウズベキスタン戦プレビュー】注目は本田、香川、岡崎の起用法。革命の予兆となる可能性も

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2015年03月31日

メインテーマはあくまでも“選手選考”。

本田、香川、岡崎は先発するのか。ウズベキスタン戦でもサブに回るようだと、それが今後のスタンダードになる可能性もある。

画像を見る

 今年6月に始まるロシア・ワールドカップ2次予選前のラストマッチ。それでも、ハリルホジッチ監督はウズベキスタン戦の前日会見でこう言った。
 
【日本代表|PHOTOギャラリー】日本 2-0 チュニジア

「1試合目(チュニジア戦)とはまったく違うメンバーで戦うことになると思う。リスクは少しあるが、そうは言っても今回の合宿に来てくれたほとんどの選手を使おうと考えている。合宿に参加したすべての選手について知識を深めたい」
 
 初陣に続くトライアウト──。ワールドカップ予選に向けたリハーサルというより、指揮官はウズベキスタン戦をテストの場と位置付けている。
 
 そもそも、ウズベキスタンはハリルホジッチ監督がリクエストした相手ではない。前任者アギーレの希望──「アジアの第1ポット同士。6月の予選では対戦しないだろうアジアの強いチームとやりたい」──をアジアカップ期間中に日本協会が叶えたものだが、ご存じのとおり、そこから監督が代わり日本代表を取り巻く環境は一変している。
 
 大役を任されたばかりのハリルホジッチ監督にとっては、相手ありきの親善試合ではなく、あくまで就任2試合目。多少なりとも「対アジア」は意識するだろうが、メインテーマは“選手選考”だ。
 
 チュニジア戦と同じ4-3-3システムで臨むなら、スタメンの11人は上図のようになるだろうか。ちなみに、前日に行なわれたフィールドプレーヤーが12対12のゲーム形式の練習では以下のようなメンバーで戦っていた。
 
●ビブス組(5-3-3-1システム)
GK/西川
5バック/内田、昌子、水本、森重、太田
3ボランチ/柴崎、今野、青山 
中盤2列目/本田、香川、乾
CF/岡崎
 
●ビブスなし組(4-2-4-2システム)
GK/川島
4バック/酒井高、吉田、槙野、藤春
2ボランチ/長谷部、山口
中盤2列目/永井、清武、武藤、宇佐美
2トップ/川又、大迫
【関連記事】
【日本代表】代表での地位を固め始めた柴崎に最も必要なものとは――。
【日本代表】理想のポジションで香川は確固たる地位を築けるか
【ウズベキスタン戦前日会見】ハリルホジッチ監督「選手には2試合目も勝利するよう求めている」
【セルジオ越後の天国と地獄】結果ばかりを追い求めたら、同じことの繰り返しだよ
【藤田俊哉の目】宇佐美よ、日本代表の“軸”になるなら2戦目で結果を出せ!
【日本代表】金田喜稔がチュニジア戦を分析|野心とプライドを呼び起こした“ハリル・マジック”
【日本代表】宇佐美、永井らを唸らせた本田圭佑のクオリティ
【識者コラム】日本代表の「再生」が想像以上に困難を伴うミッションだと感じた理由
【サッカーダイジェストの視点】威厳を示した理想的な船出

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ