【藤田俊哉の目】宇佐美よ、日本代表の“軸”になるなら2戦目で結果を出せ!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年03月29日

チュニジア戦のテストに合格したニューフェイスは「0人」。

川又や永井にも惜しいプレーはあったが、藤田氏は合格点を挙げられるニューフェイスは0人と厳しい評価を下した。写真:徳原隆元

画像を見る

 新しい選手にチャンスを与えたい――。
 
 ハリルホジッチ監督が発信したメッセージに、どれだけの選手が応えられたのか? 初采配という大事な試合で、指揮官は代表デビューとなったG大阪の藤春、名古屋の川又をスタメンに選び、前線には武藤、Aマッチに1試合しか出場していない永井といったフレッシュな選手たちをピッチに送り出した。

【日本代表|PHOTOギャラリー】日本 2-0 チュニジア
 
 指揮官という立場は表現者ではなく、その名のとおり、あくまで自分の意図を伝えることしかできない。
「こんなサッカーがしたい」
「こんなメンバーの組み合わせを試したい」
とね。
 
 そうした指揮官の要求に対してしっかり応えることが選手としての仕事。分かりやすく言えば、結果を出すことが求められる。
 
 チュニジアはFIFAランキングでは日本より上かもしれないけれど、ピッチ上のパフォーマンスを見るかぎり、それほど強いチームには見えなかった。ザッケローニ監督初采配の相手はアルゼンチンだったし、アギーレ監督のデビュー戦はウルグアイが相手だった。それらのチームに比べれば、テスト自体は難解なものではなかったはずだよね。
 
 では果たして、今回のチュニジア戦でインパクトを残せた選手は、いったいどれくらいいたのだろう。3年後、ワールドカップでベスト16以上を目指すチームだからこそ、あえて厳しい基準で評価させてもらうと、僕が観るかぎり、ハリルジャパンの入団テストに合格したニューフェイスは「0人」だ。
 
 川又がヘディングでバー直撃の惜しいシュートを放ったり、永井が思い切りの良い突破を見せたりしていたけど、結局シンプルな「回答」、つまり結果を示せなかった。彼らと同じく、代表デビューを飾った宇佐美に関しても、香川からのスルーパスに反応して素晴らしい動き出しからシュートを放ったもののポストに嫌われ、「結果を出す」ことができなかった。
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】結果ばかりを追い求めたら、同じことの繰り返しだよ
【日本代表】金田喜稔がチュニジア戦を分析|野心とプライドを呼び起こした“ハリル・マジック”
【日本代表】宇佐美貴史の自信。「僕はJの中で一番攻撃力がある」
【日本代表│考察】「縦に早いサッカー」に、果たして本田と香川はフィットするか
【識者コラム】日本代表の「再生」が想像以上に困難を伴うミッションだと感じた理由
【日本代表】宇佐美、永井らを唸らせた本田圭佑のクオリティ
【U-22日本代表】「2試合限定出場」の久保裕也がチームにもたらすもの

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ