「クボには満足している」“切り札”久保建英をエメリ監督が高評価! 一喜一憂するメディアには苛立ち「試合を見ている人なら分かるはずだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月07日

得意の右サイドで攻撃を活性化

久保の成長にエメリ監督(右)も手応えを感じているようだ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月6日に開催されたラ・リーガ第12節で、久保建英が所属するビジャレアルが昇格組のエルチェとホームで対戦。最後まで攻勢を仕掛けたが、敵の堅牢を崩せず、スコアレスドローに終わった。

 国内リーグでは5試合連続のベンチスタートとなった久保は、FWパコ・アルカセルとともにサミュエル・チュクウェゼに代わって後半頭から出場した。得意とする4-4-2の右サイドハーフに入り、前半はシュート3本(枠内はゼロ)に終わったチームの攻撃を活性化。積極的にボールに絡み、チャンスを作り出した。

 73分には、エリア内でダニエル・パレホからパスを受け、絶好機が到来。ただ、左足を振り抜く時間とスペースがなく、威力のないシュートはGKにセーブされてしまった。

【動画】久保建英が決定機を立て続けに演出!エルチェ戦のハイライト
 ウナイ・エメリ監督が、前半は攻め手のなかったチームの状況を変えるために、いわば“切り札”として久保を送り込んだのは明らかだ。途中出場としてはこれまで最長の45分間を与えた指揮官は試合後、日本の至宝について次のように語った。スペイン紙『MARCA』などが伝えている。

「プロセスの最中なんだ。我々のゲームをすべて見た人なら誰でも、彼がヨーロッパリーグでデビューし、試合に出場し、経験を積み、適応するという過程が分かるだろう。彼はまだとても若く、成長の過程にいる。すべてのビジャレアルのゲームを見た人なら皆、彼の良い時も、悪い時も、そして改善しなければならない部分も見てきただろう。まだプロセスの途中で、いまのところ私はとても満足している」

 一喜一憂する周囲に苛立ちを感じながらも、ここまでの成長過程には「満足している」と語ったエメリ監督。今後、リーガではまだ一度しかない先発の機会は増えていくのか、注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ