「許されないプレーだ」痛恨のミスを犯したバルサDFに批判殺到!「アンフィールドの失点より酷い」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月06日

気を抜くと普通のチームになる」と酷評

カディス戦で失点に繋がるミスを犯したラングレ。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月5日に開催されたラ・リーガ12節で、バルセロナは昇格組のカディスと敵地で対戦。1-2で敗れ、早くも今シーズン4敗目を喫した。

 痛恨だったのは、58分に左SBジョルディ・アルバのクロスが敵DFペドロ・アルカラのオウンゴールを誘発し、同点に追い付いた5分後に起きたミスだった。

 ジョルディのスローインを、コントロールミスなのか、意図的にスルーしたのか、いずれにしてもCBのクレマン・ラングレが収めず、ボールは後方のGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの元へ。しかし、これを敵FWアルバロ・ネグレドにかっさらわれ、無人のゴールに流し込まれた。

 その後は猛攻を仕掛けたものの、レアル・マドリーからも完封勝利を飾ったカディスの堅牢を破れず、このミスによる失点が決勝点となってしまった。

【動画】「何がしたかったんだ?」ラングレが犯した痛恨のミスはこちら
 スペイン紙『MARCA』は、2シーズン前のチャンピオンズ・リーグでリバプールに大逆転負けを喫した試合で、敵のCKで一瞬の隙を突かれ、クイックリスタートから勝負を分ける1点を奪われたのを引き合いに出し、「アンフィールドのCKからの失点より酷い」と辛辣。「ラングレのプレーは許されない」「いまのバルサを象徴している。気を抜くと普通のチームになる」とこき下ろした。

 またSNSでは、「信じられない」「何がしたかったんだ?」「哀れなミスだ」「ラングレよりジョルディのスローインが酷い」「こんなのばかりじゃないか」といった批判や嘆きの声が殺到している。

 DFリーダーであるジェラール・ピケを故障で欠くなか、黙々と奮闘してきたフランス代表DFの驚きのミスに、ファンも落胆を隠せないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「態度が全く違う」メッシとC・ロナウド、0-3で負けている状況を収めた動画に世界衝撃!「バズっている」
「信じられない」マラドーナが最期を迎えた部屋が“粗末すぎる”と怒りの声!看護師は「“自宅”なら生き続けていた」
「チヤホヤされた時は抑えつける」“不発”の久保建英の現状をエメリ監督が語る!「右が得意なのは分かっているが…」
「まったく役に立たない」クーマン監督がバルサ会長代行の“メッシ売却”発言に不快感!「決めるのはレオだ」
「他チームが自分たちの選手に触れるなんて…」ネイマールの“メッシ共闘発言”にレオナルドSDは何を想う?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ