「正直、このままだったら厳しいな」リバプール南野拓実の苦境に、内田篤人氏が独自の見解「まあまあ耐え時」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月05日

「厳しいことを言うようだけど…」

リバプールに所属する南野(右)に対する独自の見解を明かした内田氏(左)。 写真:徳原隆元、(C)Getty Images

画像を見る

 DAZNでは、今年現役を引退した内田篤人氏の初の冠番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』を10月1日から配信している。

 ヨーロッパで活躍する日本人選手や森保ジャパン、Jリーグまで広く取り扱っている同番組。第8回目の放送では、リバプールで苦境が続く南野拓実について触れた。

 南野はプレミアリーグ第10節ブライトン戦で、昨シーズン最終節のニューカッスル戦以来の先発出場となったが、シュートは1本のみ。ボールロストなども目立ち、期待に応えることはできなかった。

 内田氏はまず、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は「好き嫌いがそれほどなく、チームを平等に見ている」と評し、「チャンスをもらったとき、活かせなかった選手が落ちていく」と分析。結果を残せなかった南野について、「正直、このままだったら厳しいな」と率直な感想を述べた。
 
「周りの選手がしっかりと結果を出しているので、出遅れている感はしょうがない。厳しいことを言うようだけど、年齢も、10代20代前半の選手が出て行って、チャレンジしてっていう段階ではなくて、バンバン活躍しなければいけない選手」

 そして、南野は「まあまあ、今が耐え時」との見解を示した。今後、起用のチャンスはそう増えないだろうとしたうえで、「今後は移籍の話やらがたぶん出てくるでしょう。もちろん、そこでしないというのもある。契約がありますから。頑張りどころ」と語っている。

 ただ、「日本人としては頑張ってほしい。リバプールは誰もが行けるクラブではないし、トップのトップで踏ん張ってほしい」とエールを送った。

 番組の後半では、今シーズン限りでの引退を発表している中村憲剛が登場。鹿島の監督を務めていたオズワルド・オリヴェイラ監督からの驚きの勧誘話や、南アフリカ・ワールドカップでの秘話、とある海外クラブから移籍の打診を受けたことなどを明かしている。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「移籍考慮は時期尚早だ」なぜ南野拓実は出場機会を与えられないのか? リバプール番記者に訊く“リアル評”【現地発】
「ミナミノの時間は限られてる」好調ジョッタと対照的な南野拓実をリバプールOBはどう見た?「得点ができなければ…」
「じゃあ、負けたらクボくんのせいにするの?」内田篤人氏が久保建英へ“過剰な”期待に持論!「ただ、19歳で出ている選手もいるから…」
「輝くポジションは絶対にある」内田篤人氏が無所属の香川真司へエール!ダービーを戦った“ライバル”の評価は?
「久保くんは大事にいこう」内田篤人氏が選ぶ日本代表先発メンバーは? 大注目の若手をスタートから使わないワケ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月14日号
    9月22日発売
    J1・J2リーグ
    注目11クラブの戦術検証&
    オリジナル10のクラブ全史
    クラブダイジェストは横浜!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ