【横浜】「第一ステップはクリア」クラブ史上初のGS突破も仲川輝人は気を抜かず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年12月01日

1ゴール・1アシストのハイパフォーマンスを披露

決定的な仕事を連発した仲川。大会が進むにつれ、調子を上げてきた印象だ。(C)Y.F.M.

画像を見る

[ACLグループステージ5節]横浜4-1全北現代/12月1日/アルジャノブ・スタジアム

 2点リードの後、PKで1点を返される。次の1点がどちらに入るかで試合の趨勢が大きく変わりそうな状況で、価値あるゴールを決めたのが、仲川輝人だ。

 71分、エリキのオーバーヘッドのクロスに勢いよく飛び込み、右足でプッシュ。値千金の“チーム3点目”を挙げてみせた。

 横浜はさらに83分、途中出場のオナイウ阿道のゴールで4点目をゲット。全北現代に完勝を収めて、クラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たした。

 51分のマルコス・ジュニオールのチーム2点目もアシストするなど、決定的な仕事を連発した背番号23は、チャンスを作りながらもなかなか追加点を奪えなかった前半の内容を反省。それでも「予選突破につながるゴール、アシストができたので、満足はしている感じです」と語る。

 悲願のアジア16強入り。もっとも、仲川は「まだ終わりじゃない。予選を突破しただけ」と気を抜かない。目指すのはアジアナンバーワンの座。「そのための第一ステップはクリアしたかな」と、まだまだ走り続ける覚悟を示した。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】横浜Fマリノスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
 
【関連記事】
ティーラトン、マルコス、仲川!韓国王者を4発圧倒の横浜、クラブ史上初のACL決勝T進出!
【横浜】手痛い黒星にも前向きなエリキ。「こういった負けた時に、絆がより強くなる」
【横浜】自分たちのサッカーができたのか、できなかったのか。それが問題だ
【横浜】ACLの独特の雰囲気がそうさせたのか――見慣れない終了間際のボールキープ
【横浜】機動力に優れるボランチ和田拓也がイメージする“アジア戦略”

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ