【横浜】ACLの独特の雰囲気がそうさせたのか――見慣れない終了間際のボールキープ

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年11月27日

追加点を狙うよりも、この1点を守る

上海上港との再開初戦は、苦しみながらも1-0で競り勝つ。仲川(23番)は「チームで掴み取った勝利」と振り返る。(C)Getty Images

画像を見る

 珍しいワンプレーだと思った。

 1-0で勝利したACLのグループステージ3節・上海上港戦、90分に天野純が決勝点を決めた数分後、敵陣のコーナーアーク付近で横浜の選手たちがボールをキープして、時計の針を進めようとする。

 リードを得たまま試合を終わらせるための“時間稼ぎ”。別段目新しいことではないが、アタッキング・フットボールを標榜し、貪欲に2点目、3点目を奪いに行く横浜では、あまり見られない光景でもある。

「なんだろうな、雰囲気がそうさせたのかは分からないですけど。チームとして、そうやってやろうと決めてはいませんでしたが、そこは個人の判断だと思います」(高野遼)

 追加点を狙うよりも、この1点を守る。いつもとは異なる勝利へのアプローチだったかもしれないが、ある意味、“アジア仕様”の勝ち方と言えるかもしれない。結果的に勝利を掴んでいる以上、状況に応じた柔軟な対応ではあった。

 もっとも、軸は一切ブレていない。次節の上海上港戦、引き分けでもグループステージ突破が決まるが、アンジェ・ポステコグルー監督は「とにかく、自分たちのサッカーをすること」と強調する。自慢の攻撃力で相手をねじ伏せて決勝トーナメント進出を決めたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】あの感動を再び!2019年のJ1優勝シーンを厳選ショットで振り返る!第34節横浜対FC東京戦
【関連記事】
【横浜】機動力に優れるボランチ和田拓也がイメージする“アジア戦略”
「オスカールが死ぬほど悔やむ」横浜の快勝スタートを海外メディアが称賛! 殊勲者として名が挙がったのは?
【横浜】「この勝ち方ができたのはすごく大きい」扇原貴宏が語る再開初戦の勝利の意味
【横浜】勝利を手繰り寄せるPKストップ! 大舞台でも揺るがないオビの「自信」
【横浜】「最高のメンバーで臨める」再開後のACLでポステコグルー監督の展望は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ