【横浜】機動力に優れるボランチ和田拓也がイメージする“アジア戦略”

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年11月26日

「相手のことが分かった状態で、やりやすさはある」

Jリーグでは、走行距離でリーグトップの14.03キロメートルを記録。圧倒的な活動量を活かしてチームを活性化させたい。(C)Y.F.M.

画像を見る

 素早くスペースを見つけてそこに入り込み、確かな技術を駆使してボールを動かす。豊富なスタミナも武器に要所でプレーに絡みながら、攻守をつないでいく。

 初のアジア制覇を目指し、ACLに参戦中の横浜にとり、機動力に優れるボランチの和田拓也は、標榜するアタッキング・フットボールを機能させるために欠かせない選手のひとりでもある。

「良いところで受けて、前を向く。その回数を増やせれば、必然的に得点できると思っています」

 ミドルゾーンで“くさび”となって、得点機をお膳立てする。求められるタスクを遂行できれば、チームの攻撃力はより威力を増すはず。

 焦点は、いかに良い状態でマイボールにできるか。アジアを舞台にした戦いで、それを実践するためのイメージはある。

「中国や韓国の選手は対人で前に強い選手が多い。日本だったら、ちょっと身体をぶつけながら、とかできるところを、けっこう潰されるイメージはあったので。マークにつかまらないでフリーになるというのはけっこう意識しました」
 
 ただ、その相手のマークも「かなりルーズになってくると思う」という分析だ。その隙を突いて「相手の背中だったり、浮きながら背後を取る」ことを狙う。「そういう動きにはついてこれない印象がある。そこでフリーに、前向きでボールを受けられるとは思っています」。

 先日の上海上港との再開初戦は1-0で勝利し、これでグループステージでは3連勝を達成。次節はまた上海上港との対戦となるが、チームとしては「相手のことが分かった状態で、やりやすさはあると思う」、個人としては「このへんならフリーになれるかな」とあたりもつけている。

 巧みな動き出しとパスワークでミドルゾーンを制し、チームを勝利に導くようなパフォーマンスを期待したい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第27節PHOTO】横浜6-2浦和|今季最多の6得点!横浜がホーム最終戦をゴールラッシュで締めくくる!
【関連記事】
【横浜】「この勝ち方ができたのはすごく大きい」扇原貴宏が語る再開初戦の勝利の意味
【横浜】勝利を手繰り寄せるPKストップ! 大舞台でも揺るがないオビの「自信」
【横浜】「最高のメンバーで臨める」再開後のACLでポステコグルー監督の展望は?
【横浜】短期決戦のACLで勢いに乗るには? 前田大然が重視する“全勝”
【横浜】敗れた湘南戦後、サポーターの前でしばし動けなかった喜田拓也。当時の心境は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ