「ソンはホンダよりいい」英紙が“史上最高のアジア人選手”に本田圭佑を選出もファンから異論!「最低のランクだ」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月13日

現役Jリーガーの名前も

本田、ソン・フンミン、中田、パク・チソン(左上から時計回り)らが選ばれた史上最高のアジア人選手ランキングが話題を広げている。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月12日に英紙『The Sun』が選んだ「史上最高のアジア人選手トップ10」が話題を呼んでいる。

 同紙が自身のツイッターで発信した企画においてトップ10に選ばれたのは、以下の10人だ。

10位:吉田麻也(サンプドリア/日本代表/DF)
9位:パク・チソン(元マンチェスター・U etc/元韓国代表/MF)
8位:中田英寿(元ローマetc/元日本代表/MF)
7位:アリ・ダエイ(元バイエルンetc/元イラン代表/FW)
6位:岡崎慎司(ウエスカ/日本代表/FW)
5位:香川真司(無所属/日本代表/MF)
4位:長友佑都(マルセイユ/日本代表/DF)
3位:遠藤保仁(ジュビロ磐田/元日本代表/MF)
2位:ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表/FW)
1位:本田圭佑(ボタフォゴ/元日本代表/MF)
 
 ヨーロッパでのプレー歴や結果が多分に加味されている同ランキングにおいて、現役Jリーガーを含めて日本人選手が7名も選出されているのは、アジア・サッカー界における日本の印象の強さを物語る結果とも言えるだろう。

 そして、『The Sun』が拠点を構えるイングランドのトップリーグで、現役では“最高のアジア人”とも評価されるソン・フンミンを差し置いて、堂々の1位に選ばれたのが、ブラジルで活躍している本田だ。同紙は選出理由を次のように記している。

「ケイスケ・ホンダは日本で最も有名な名前であり、世界的にも名声のある選手だ」

 ただ、このランキングには異論の声も噴出している。同紙のツイッターにはファンから次のようなコメントが相次いだ。

「なぜケイヒルやヴィドゥカ、キューウェル、ニールらが選ばれていないんだ」
「パク・チュヨンがいないなんて、ランキングとして疑い深い」
「ソンはホンダよりもずっといい。彼のミランでの生活は惨めだった」
「ソンはプレミアリーグ史上でも最高の選手の一人だ」
「最低のランキング」
「日本贔屓すぎないか」
「なぜシュンスケ・ナカムラがいない!?」
「パク・チソンがこの順位は理解できない」

 英国でも活躍した元日本代表の中村俊輔、あるいはハリー・キューウェルやティム・ケイヒルといったAFC(アジアサッカー連盟)加盟のオーストラリアの選手が選ばれていないことで物議を醸している『The Sun』のランキングは、現地でも波紋を広げそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ