メッシがまさかの“神の手”ゴール? マラドーナ急逝から4日後の“奇跡”に現地騒然!「トリビュートだ」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月30日

4点目を奪った後にはユニホームを脱ぎ…

オサスナ戦でのプレーが話題となっているメッシ。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間11月29日に開催されたラ・リーガ第11節で、バルセロナはホームでオサスナと対戦。4-0で危なげなく快勝を飾った。

 この試合で、73分に勝負を決める4点目を奪ったリオネル・メッシがユニホームを脱ぎ、下に着こんでいた、25日に急逝したディエゴ・マラドーナと自身が在籍したニューウェルズの10番のシャツを披露。アルゼンチン代表で師弟関係にあった母国の英雄にゴールを捧げた。

 その振る舞いとともに話題となっているのは、29分の先制点の場面だ。左SBのジョルディ・アルバのクロスをCFマーティン・ブライトワイトが一度はブロックされながらゴールにねじ込んだこのシーンで、空中で浮いたボールをメッシが手で触るかのようなポーズを見せたのだ。

 もちろん、実際にハンドをすることはなかったが、その様子はマラドーナの“神の手”ゴールを想起させた。1986年メキシコ・ワールドカップの準々決勝・イングランド戦で、アルゼンチンの大エースが宙に浮いたボールを左手で押し込んだ伝説の得点である。

【画像】神の手ゴールを彷彿! 現地騒然のメッシのプレーはこちら
 この場面にスペインのメディアも反応。『MARCA』紙が公式ツイッターで「メッシがマラドーナへの小さなトリビュート」と伝えれば、『AS』紙も「メッシは、マラドーナの神の手ゴールの再現に非常に近づいた」と報じている。

 マラドーナが帰らぬ人になった4日後に、アルゼンチンの10番を受け継いだメッシにこのようなシーンが訪れたのは、何かの運命と言えるだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】メッシがマラドーナに捧げたニューウェルズのユニホーム姿はこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ