「消えているわけじゃない」メッシは“緩慢”か。恩師グアルディオラはどう見てる?「走っていなくても…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月21日

「私は彼が歩いているところが好き」

愛弟子メッシ(右)のプレーをグアルディオラ(左)が独自に分析した。 (C) Getty Images

画像を見る

 アルゼンチン代表の絶対的エースにして、バルセロナの大黒柱であるリオネル・メッシ。当代屈指のクラックは幾多のゴラッソを決め、人々を熱狂させてきた。

 一方で守備面で批判を受けることも少なくない。とりわけ“全員守備・全員攻撃”の重要性が問われるようになった昨今は、前線にとどまるメッシのプレーは「緩慢だ」とバッシングを受けることもある。

 この度、こうした批判に反論したのが、マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラだ。

 バルサ時代にメッシとは師弟関係を築いた名将は、Amazonで公開されているシリーズ番組「This is Football」第6回で、試合中に前線で歩くアルゼンチン代表FWの守備について、こう指摘した。

「私は彼がこうして歩いているところが一番好きだよ」

 世界でも指折りのインテンシティーが求められるプレミアリーグで指揮を執る監督らしからぬ分析とも言える。だが、グアルディオラは続けざまに、その理由を明かした。
 
「決してゲームから消えているわけじゃなくて、ちゃんと関わっているんだ。彼なりに頭を動かしているんだよ。右へ、左へ、左へ、右へという具合にね。これから何が起きるのかを完璧に把握しているんだ」

 さらにグアルディオラは、「メッシは走っていなくても、常に周りを見ながら何が起きているのかを把握している」と称賛を口にした。

「相手のディフェンスラインのウイークポイントがどこかを嗅ぎつけるし、5分か10分もあれば、彼の目にはピッチの様子が浮かび上がり、頭の中ではどこにスペースがあるのか、全体像を的確に把握できているんだ。自分がここに動けば、味方にスペースができるというところまでね。まるでジャングルのようなところで生き残るための方法だよ」

 一見すると緩慢とも見えるメッシの動き。だが、名将の眼には、その動きの真意がハッキリと見えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ