ビューティフル弾で遠藤保仁が移籍後2ゴール目!磐田が千葉に2-1で競り勝つ

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年11月29日

千葉は後半に1点を返すも…

ゴールを決めた遠藤。磐田を勝利に導いた。写真:田中研治

画像を見る

[J2第37節]千葉1-2磐田/11月29日/フクアリ

 11月29日、千葉と磐田の一戦がフクダ電子アリーナで行われた。36節終了時点で千葉は14位、磐田は9位での対戦となった。

 ホームの千葉は4-4-2のシステム。GKは新井章、最終ラインは右からゲリア、新井一、鳥海、安田、ボランチは田口、小島、2列目は右に矢田、左に見木、2トップは川又、山下の並び。

 一方、磐田は3-4-2-1のシステム。GKは八田、最終ラインは右から山本、大井、伊藤、ボランチは遠藤、山本、ウイングバックは右に小川、左に松本、シャドーに大森、山田、CFに中野が入った。

 序盤ペースを掴んだのは磐田。21分にはワイドな展開から先制点を奪う。左ウイングバックの松本からのクロスに逆サイドから入ってきた右ウイングバックの小川が巧みにボレーで合わせてネットを揺らした。

 磐田は40分にも追加点を奪う。相手エリア近く、右サイドから小川がパスを送ると、中央にポジションを取っていた山本がスルー。その後ろにいた遠藤が美しいコントロールショットを決めてスコアを2-0とした。
 2点を追う千葉は、後半頭から小島、矢田、川又に代えて、熊谷、A・ピニェイロ、クレーベを投入。

 すると49分、一点を返す。中央を見木がドリブルで持ち上がり、右前方にいたA・ピニェイロにスルーパス。これを受けたピッチに立ったばかりのブラジル人アタッカーが強烈なシュートを叩き込んで反撃の狼煙をあげる。

 それでもその後は、磐田がボールを動かしながらチャンスを作る。千葉も必死のディフェンスを見せつつ、クロスからFWクレーべを活かそうとするが、同点弾は奪えず。

 10月にレンタルでG大阪から加わった遠藤の移籍後2ゴール目もあって、磐田が千葉に2-1で競り勝った。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ