名古屋からのアーセナル電撃就任は「どうかしていた」。ヴェンゲルが仰天人事を回想!「完全に無名の男を…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月23日

アーセナルからオファーが舞い込んだ時の心境は…

名古屋で辣腕を振るっていたヴェンゲルは日本にとどまることを決意していたとも語る。 (C) Getty Images

画像を見る

 1996年10月、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル招聘は、まさに仰天の引き抜きだった。

 1981年にストラスブールのユースチームで監督キャリアをスタートさせたヴェンゲルは、ナンシーとモナコの監督を歴任した後に、1995年からは名古屋グランパスの指揮官に就任。1年目で年間総合順位3位(2ステージ制)に導き、最優秀監督賞を手にすると、天皇杯も制してクラブに初タイトルをもたらした。

 翌シーズン(1ステージ制)にもリーグ戦で2位フィニッシュと見事な手腕を発揮し、日本サッカー界で確かな功績を残したヴェンゲル。そんな東洋の島国で声価を高めたフランス人監督に声をかけたのが、アーセナルだった。
 
 しかし、当時は現代のようにインターネットが発展していない時代で、いまほど簡単に情報を入手できるわけではなかった。それゆえにアーセナルからの引き抜きに「驚いた」と語るのは、他でもないヴェンゲルである。現地時間11月22日に英公共放送『BBC』のラジオ番組「Desert Island Discs」に出演した際に、アーセナルからオファーが舞い込んだ時の心境を、こう回想した。

「アーセナルはイングランドでも最も伝統のあるクラブの一つだった。あのフットボールの母国でね。そんなチームが私のような男を任命するのに躍起になっているというんだ。完全に無名の男を連れてくるのはどうかしていたと思うね(笑)。しかし、私にはそこから恩恵を得るという利点があった」

 以前に英紙『The Guardian』のインタビューで、「日本での経験は良かった。自分への厳しさが増し、自分への要求が高くなるからね。もしも、大きな仕事でなければ、私はヨーロッパには戻らないとほぼ決心していた」と告白していたヴェンゲル。それだけにあの時にアーセナルから熱心な勧誘がなければ、71歳の名伯楽は全く違ったキャリアを歩んでいたかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ