名古屋からのアーセナル電撃就任は「どうかしていた」。ヴェンゲルが仰天人事を回想!「完全に無名の男を…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月23日

アーセナルからオファーが舞い込んだ時の心境は…

名古屋で辣腕を振るっていたヴェンゲルは日本にとどまることを決意していたとも語る。 (C) Getty Images

画像を見る

 1996年10月、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル招聘は、まさに仰天の引き抜きだった。

 1981年にストラスブールのユースチームで監督キャリアをスタートさせたヴェンゲルは、ナンシーとモナコの監督を歴任した後に、1995年からは名古屋グランパスの指揮官に就任。1年目で年間総合順位3位(2ステージ制)に導き、最優秀監督賞を手にすると、天皇杯も制してクラブに初タイトルをもたらした。

 翌シーズン(1ステージ制)にもリーグ戦で2位フィニッシュと見事な手腕を発揮し、日本サッカー界で確かな功績を残したヴェンゲル。そんな東洋の島国で声価を高めたフランス人監督に声をかけたのが、アーセナルだった。
 
 しかし、当時は現代のようにインターネットが発展していない時代で、いまほど簡単に情報を入手できるわけではなかった。それゆえにアーセナルからの引き抜きに「驚いた」と語るのは、他でもないヴェンゲルである。現地時間11月22日に英公共放送『BBC』のラジオ番組「Desert Island Discs」に出演した際に、アーセナルからオファーが舞い込んだ時の心境を、こう回想した。

「アーセナルはイングランドでも最も伝統のあるクラブの一つだった。あのフットボールの母国でね。そんなチームが私のような男を任命するのに躍起になっているというんだ。完全に無名の男を連れてくるのはどうかしていたと思うね(笑)。しかし、私にはそこから恩恵を得るという利点があった」

 以前に英紙『The Guardian』のインタビューで、「日本での経験は良かった。自分への厳しさが増し、自分への要求が高くなるからね。もしも、大きな仕事でなければ、私はヨーロッパには戻らないとほぼ決心していた」と告白していたヴェンゲル。それだけにあの時にアーセナルから熱心な勧誘がなければ、71歳の名伯楽は全く違ったキャリアを歩んでいたかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「あまりに異なる国だった」名伯楽ヴェンゲルが英紙で“日本”を語る「外国人として地元の人以上に…」
「ひとつの言葉が劇的にチームを変えた」愛弟子・中西哲生氏が明かす名将ヴェンゲルの“グランパス改革”/前編
「ヨーダに会いに行く感じで…」ヴェンゲルの“革命”はいかにして成立したのか? アーセナルOBが語る舞台裏
チームは完勝も…リバプール地元紙が南野拓実に突き付けた“現実”。皮肉交じりの一言寸評とは?
「たった4分で脅威を与えた」マドリー戦の久保建英をスペイン人記者が称賛!「時間稼ぎの交代ではなかった」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ