【選手権予選】全48の出場校が決定!桐蔭学園がライバル桐光との死闘を制して3年ぶり10度目の神奈川制覇、全国最後の代表校に名乗り!

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2020年11月28日

3年ぶりのライバル対決は延長戦にもつれ込む

白熱した好勝負となった神奈川県予選の決勝は桐蔭学園(青)に軍配が上がった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月28日、全国高校サッカー選手権大会の神奈川県予選決勝が開催され、全48の代表校が出揃った。

 全国屈指の激戦区を勝ち抜いてきたのは6年連続のファイナル進出となる桐光学園と、3年ぶりに決勝に進んだ桐蔭学園。その時以来のライバル対決となった。

 試合はいきなり動く。桐蔭は前半6分、右サイドの本多からパスを受けたFWの立石がドリブルでシュートコースを作り、右足を一閃。見事な先制ゴールを挙げる。

 その後は、桐光が押し込む展開。だが、ロングスローから長身FW庄司が狙ったシュートはバーに阻まれ、その流れから再び9番が至近距離から狙うもDFにブロックされる。

 後半7分に桐光がセットプレーから国嶋のヘッド弾で追い付いたものの、桐蔭がすぐに突き放す。同10分、敵DFの裏に抜け出た長澤が前に出てきたGKの頭上を抜くループ気味のシュートを決め、勝ち越しに成功する。

 しかし、桐光も粘りを見せる。その5分後に栗原が右足のシュートを決め、再び振り出しに戻す。

 その後は両軍ともチャンスを迎えたものの決め切れず、試合は延長戦に突入。壮絶な死闘に決着がついたのは、延長前半の10分だった。立石が倒されて得たPKを2年生の青木が落ち着いて決めて、3度リードを奪う。

 最後は桐光の猛攻を凌いだ桐蔭が3-2で勝利。3年ぶり10回目の選手権出場を決めた。

 これで全国48の代表校が全て決定。すでに選手権本大会の組み分け抽選会は今月16日に実施されており、桐蔭学園は12月31日の1回戦で強豪・東福岡と対戦する。大会は開会式・開幕戦が行なわれず、大晦日の1回戦で一斉スタート。1月11日の決勝戦まで、首都圏8会場で熱戦が繰り広げられる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【選手権PHOTO】最新16代目は本田望結に決定! 堀北・ガッキー・川口春奈・広瀬姉妹ら豪華絢爛な「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ