【浦和】退任発表後の会見で大槻監督が語った胸中…「3年計画」初年度で目指したもの

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月28日

「チームを作るというのは、家で言うと増改築みたいなもの」

退任が発表された大槻監督。その胸中を語った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 11月25日、浦和レッズから大槻毅監督の今季限りでの契約満了が発表された。

「思いのほか僕は大丈夫でした。しっかりとやってきたつもりだし、その仕事に関して誇りを持って、責任を持ってやってきたつもりです。結果として数字的なものは自分自身でも不甲斐ないとは思っていますけど、仕事に100%をかけてきたという揺るぎのない自信を持っています」

 退任発表から2日後の27日、オンラインで複数メディアの取材に応じた大槻監督は、心境の変化が思ったよりもなかったと、晴れやかな顔で語った。

 残りの在任期間は約1か月。残されたリーグ戦は4試合だ。

「大事なことはこの4試合で、しっかりと我々が試合に向かって勝利をするという意欲に満ち溢れ、そういった集団であることをすべての方々に見てもらうような形を取らなければいけないと思っています」

 クラブは2022年シーズンのリーグ優勝を見据え、今季開幕前に「3年計画」を打ち出した。その初年度となった今季、大槻監督は“リセット”の必要性を感じてやってきたという。
 
「チームを作るというのは、家で言うと増改築みたいなものだと思っているんですよ。歴史もあるし、人の流れもあると思っていて、それが続いているなかで、ACLがあった時にはACLに合わせた編成をしなければいけなかったりする。それでここ数年、監督はミシャさんから変わる回数が多かった。そのたびにクラブがオーダーを訊いて選手を補強したりという部分があったなかで、やはり編成も含めて、少しバランスが悪いところが出てきた。

 その都度やるサッカーも変わっていますから、獲ってくる選手の質も変わってきます。そこを3年計画の1年目でベースに戻すというか、針をゼロに近づけるというか、そういう作業が必要だったと思っています。

 ベースとなる強度だったり、ランの部分だけでなく、しっかり判断を共有する作業が必要だったと思う。特に初期の部分で。そういったところで一度、選手の目線を揃えてサッカーをする。特に一定のスタイルで長くやってきた選手たちは、それに近いものを表現することが多かった。それを揃えるようなところが必要だったと思います」

 大槻監督に求められたのは、まず下地を作る作業だった。固まり切った個々のスタイルを一度壊して、それぞれが同じビジョンを描けるようにする。そのための方策のひとつが、3-4-2-1から4-4-2へのシステム変更であり、「主体的なサッカー」へのトライだったに違いない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ