【横浜】「この勝ち方ができたのはすごく大きい」扇原貴宏が語る再開初戦の勝利の意味

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月26日

「もっと余裕を持って勝てると思う」

いつもどおり攻守にフル回転の働きを見せた扇原(6番)。再開初戦で勝利を掴み、次節以降も「気を引き締めて頑張りたい」と語る。(C)Getty Images

画像を見る

[ACLグループステージ3節]横浜1-0上海上港/11月25日/アルジャノブ・スタジアム

 決して楽な試合ではなかった。スコアレスの状態でPKを与える場面もあった。だが、このピンチをGKオビ・パウエル・オビンナのビッグセーブで切り抜けると、終了間際に途中出場の天野純が値千金の決勝弾。上海上港との再開初戦、横浜は1-0で勝利を収める。グループステージの3試合を終えて3連勝。決勝トーナメント進出にまた一歩近づいた。

 先発フル出場の扇原貴宏は、「チームとして堅さはあったかもしれないですけど、自分たちで主導権は握れていたと思う」と試合を振り返る。際どいゲームだったかもしれないが、「全員で掴んだ勝利」と言葉に力をこめる。

「今回の試合の経験を活かして、次からもっと落ち着いて戦えれば、もっと余裕を持って勝てると思う。この勝ち方ができたのはすごく大きい。この1勝を無駄にしないように、次につなげたい」

 初のアジア制覇に向けて、勢いがつく勝点3だった。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【横浜】勝利を手繰り寄せるPKストップ! 大舞台でも揺るがないオビの「自信」
横浜、ACL再開初戦で強豪・上海上港に1-0勝利!終盤90分の天野弾で3連勝、GS突破へ大きく前進
【横浜】“自分たちのサッカー”に絶対の自信あり。まずは再開初戦で本領発揮といきたい
【横浜】短期決戦のACLで勢いに乗るには? 前田大然が重視する“全勝”
【横浜】6年前は「出たかったけど、出られなかった」ACL。決戦を前に天野純は「ワクワクしている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ