「たった4分で脅威を与えた」マドリー戦の久保建英をスペイン人記者が称賛!「時間稼ぎの交代ではなかった」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ハビエル・マタ

2020年11月23日

エメリ監督もタケを評価する言葉を送った

“保有元”のマドリー戦で89分から投入された久保。決定的なチャンスが訪れたが…。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 タケ・クボ(久保建英)が保有元のレアル・マドリーとの試合で、4分という短い出場時間ながら輝きを放った。

 89分に投入された時は時間稼ぎの交代と思われたが、その見立ては現実とかけ離れていた。実際、試合後にウナイ・エメリ監督は終了間際で打った「勝負の一手」だったと明言している。

 そしてタケはその指揮官の期待に応えた。なかでも最大のハイライトは相手GKと1対1となった場面。決まれば、勝ち越しゴールというプレーだったが、角度のないところで対峙するのはゴールマウスで高いプレゼンスを発揮し、シュートコースを限定する能力に長けたティボー・クルトワだ。この決して簡単ではない局面で、タケは切り返しから利き足でない右足でシュートという選択をした。その狙いは良かったが、肝心のシュートがミートせず、戻ってきたナチョに当たり好機を逸した。

 タケはその直後にもリターンパスを受けてゴール前に向かってドリブルしようとしたところをトニ・クロースに後ろから倒され、相手のイエローカードを誘発。限られた出場時間で、関わった2つのプレーにおいていずれも相手守備陣に脅威を与えるアプローチを見せた。困難な状況で、高い意気込みをプレーで体現したのは評価に値する。

【動画】マドリーを相手に華麗なダブルタッチも…久保建英、痛恨の決定機逸シーンはこちら
 試合後、エメリ監督もタケにこう称賛の言葉を送った。

「われわれが求めていることをちゃんと理解している。常にチームを助けようという意欲を持ってプレーし、様々な形で貢献を見せる。タケの取り組む態度、パフォーマンスに満足している」

 次戦は26日、マッカビ・テルアビブとのアウェーゲームだ。ヨーロッパリーグはタケがレギュラー格として起用されているコンペティションであり、指揮官の発言も踏まえれば、スタメンでの出場はかなり有力と言えそうだ。

文●ハビエル・マタ(アス紙ビジャレアル番)
翻訳●下村正幸
【関連記事】
「質問の意味が分からない」久保建英の終盤起用への“思わぬ指摘”にエメリ監督が苛立ち!「クボはマドリーの選手ではない」
「クボは後悔しているだろう」久保建英、痛恨の決定機逸にスペイン紙が苦言!「致命的な解決法を…」
「クボに対する軽蔑は明白だ」久保建英に5分しか与えなかった指揮官に一部メディアの不満が爆発!「特別な選手を活用していない」
「エメリ監督は許さない」久保建英が同僚に謝罪も、スペイン紙が酷評したプレーとは?「犯してはいけないミスだ」
「ピピは周囲を驚かせている」マドリー番記者に訊く中井卓大の“リアル評”。クラブ関係者が「大きな進歩」と明かしたのは…【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ