「4チームがアジアの真珠に夢中」久保建英の争奪戦が冬の移籍市場で再び勃発か。現地メディアが報じた獲得を狙うクラブとは?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月25日

マドリー戦での“扱い”を受けて…

リーガではスタメンが1試合のみの久保。ただ、ELでは出番を与えられている。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 冬の移籍市場の解禁まであと1か月近くとなり、日本の至宝の周辺が再び騒がしくなってきた。

 現地時間11月21日に開催されたラ・リーガ第10節で、ビジャレアルの久保建英は保有元であるレアル・マドリーと対戦。ウナイ・エメリ監督がターンオーバー制を採用していることもなり、ベンチスタートとなった。

 結局、出番が巡ってきたのは89分で、アディショナルタイムを含めてもプレーしたのは4~5分ほど。これを受けて、現地メディアの『el Periodico Mediterraneo』が、「クボが1月にビジャレアルを離れることを検討している」と報道し、各メディアが追随するなど、小さくない話題となっている。

 そんななか、マドリーの専門メディア『Defensa Central』は、「冬のマーケットでクボを迎えるのに夢中の4チーム」と題した記事を掲載。レアル・ソシエダ、バジャドリー、バレンシア、ベティスの4チームが、ビジャレアルへのレンタル移籍が打ち切りになるのを待っていると報じた。

【動画】マドリーを相手に華麗なダブルタッチも…久保建英、痛恨の決定機逸シーンはこちら
 これまでエメリ監督の起用法をたびたび批判してきた同メディアは、「クボは欧州サッカーのレベルにあることが証明されているが、ウナイがその可能性を狭めている」と指摘。クラブに近い人物からの情報として、前述の4チームが「アジアの真珠を迎え入れるのに非常に熱心だ」と伝えている。

 ただ、エメリ監督は「クボには満足している」と繰り返し発言しており、ビジャレアルもレンタル継続を望んでいると見られている。であれば、久保自身が強く主張しない限り、ローンが打ち切りになる可能性は低いと見られるが、はたして……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ