「すべて僕のせいと批判されるのに疲れた…」メッシ、バルサでのあらゆる問題に“本音”を漏らす

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月19日

グリエーズマンの元代理人から「トラウマをつくられた」と揶揄され…

バルサで批判に付きまとわれているメッシは思わず本音を漏らした。 (C) Getty Images

画像を見る

 バルサの大黒柱リオネル・メッシが“本音”を漏らした。

 長年、チームを牽引してきた稀代のクラックが、今夏にバルサ退団を巡って世界を騒がせたのは周知の通りだ。サッカー専門メディア『Goal.com』のインタビューで、「本当のところを言えば、このクラブには明確なプロジェクトがない」とバルサの現体制を批判した。

 最終的に「僕は人生のクラブと戦争はしたくない」と語ったメッシが21年6月の契約満了時までの残留をひとまず明言。だが、クラブを揺るがすほどに発言力が増した10番に対する地元メディアの風当たりは強まったままだ。

 今月11日には、2016年までグリエーズマンの代理人だったエリック・オルハッツ氏がフランス誌『France Football』で、「メッシは皇帝であり、君主であり、グリエーズマンの加入をよく思っていなかった。本当にトラウマをつくったのは彼だ」と口にしたことが、スペイン紙『Marca』を中心に拡散され、アルゼンチン代表FWは、再び批判の矢面に立たされることとなった。
 
 クラブでの深刻さが窺える状況にメッシも限界に来ているのかもしれない。現地時間11月18日にカタール・ワールドカップの南米予選を戦い終え、バルセロナに舞い戻った10番は、事前書類を求める税務調査官との遭遇で苛立ちを募らせながら、空港での取材に次のように漏らした。

「このクラブでのこと全てが、僕の問題だと批判されることに疲れた。15時間以上のフライトを経てここまで来て、突然、税務調査官に遭遇するなんて、バカげている」

 現地11月21日に開催されるラ・リーガ第10節ではアトレティコ・マドリーとの大一番を迎えるバルサ。その状況での大黒柱の発言は、チームにいかなる影響を及ぼすだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「もっと敬意を払うんだ!」UEFAが公開したメッシと主審の会話が話題に! 欧州最高峰の舞台で何が!?「君はいつも…」
“流れの中から初得点”より注目されたメッシの「スルー」。批判を浴びる現状を象徴するシーンだった【現地発】
「2度もやってくれたな!」VARでゴールを取り消されたメッシが主審に激怒! 南米予選で起きた“騒動”が物議
「ピピは周囲を驚かせている」マドリー番記者に訊く中井卓大の“リアル評”。クラブ関係者が「大きな進歩」と明かしたのは…【現地発】
「クボはシルバのようだ」久保建英の“ポテンシャル”をエメリ監督が語る!「彼には満足している」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ