「日本戦の英雄だ」森保ジャパンに立ちはだかったメキシコ守護神に海外メディアで絶賛の嵐!「並外れたセーブだった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月18日

約1年ぶりの代表復帰戦で躍動

矢継ぎ早に繰り出された日本の攻撃にも冷静に対処したのが、メキシコの守護神オチョアだった。 (C) Getty Images

画像を見る

 攻めに攻めたサムライ戦士たちの前に立ちはだかったのは、35歳のベテラン守護神だった。

 現地時間11月17日にオーストリアのグラーツで開催された国際親善試合で、日本代表はメキシコ代表に0-2と敗戦した。主導権を握られた後半に相手の得点源であるラウール・ヒメネスとイルビング・ロサーノにそれぞれ得点を奪われた。

 試合後のマッチサマリーで地元紙『El Universal』が「恐ろしいものだった」と綴った前半は日本が圧倒的にメキシコを押していた。だが、幾度となく決定機を決めきれなかったのは、相手守護神ギジェルモ・オチョアの存在があったからに他ならない。

 この日のオチョアは冴えに冴えていた。11分に原口元気の強烈なミドルシュートを左手でストップすると、その4分後には鈴木武蔵との1対1を右足でセーブすれば、こぼれ球を押し込みにかかった伊東純也のシュートを再び横っ飛びで冷静に食い止めた。

 昨年11月のパナマ戦以来の出場ながら、存在感を誇示したオチョア。精神的支柱でもある彼のファインセーブがメキシコの反撃の呼び水となったことは言うまでもない。それだけに地元メディアでもベテラン守護神の活躍ぶりは高く評価されている。
 

 スペイン紙『Marca』のメキシコ版は、「メキシコを救ったオチョアは日本戦の英雄となる」と銘打った記事で、こう絶賛している。

「メキシコイレブンに主導権を戻させたのは、ギジェルモ・オチョアの存在だった。彼は間違いなくこの試合におけるメキシコのヒーローだ。ゲンキ・ハラグチのショットをワールドカップを想起させるビッグセーブで食い止め、ムサシ・スズキの至近距離からのシュートも素晴らしいセーブでストップ。彼のおかげで日本は得点ができなかった」

 また、アルゼンチン・メディア『Infobae』が「オチョアが日本戦で並外れたセーブを披露」と綴れば、アルゼンチン全国紙『Ole』も「35歳のベテランゴールキーパーが救世主となった」と褒めちぎった。

 19歳だった2004年にA代表に初招集されて以来、長らくメキシコ代表を支えてきたオチョア。彼の奮闘なくしては森保ジャパンからの勝利はなかったと言えるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ